2013/10/31

ガス欠寸前?あと少しで400km到達

今回のツーリングでの燃費です。

ガス欠を心配して、ひやひやした事はバイク乗りなら誰しも覚えがあるのでは・・・

20131031_085502-0001.gif

走行387km 給油が13.07L

燃費は 29.6km/L

前回 34.4km/L ですからだいぶ落ちましたね
渋滞とかが影響あるのかもしれませんが、前回は店員さんのいるスタンド 
今回はセルフ給油で目いっぱい入れましたので、この差もあるかもしれませんね
2回の合計だと 31.5kmL です


あと少し無給油で400km走行でしたが、ガス欠は嫌ですし、予備の携帯ガソリンも持ってなかったので、家の近くでGS直行しました


CBR400Rは、燃料計も付いていますから、普通は残り1コマ位で給油するんでしょうが、ぎりぎりを狙ってみました。
自宅まで、あと90km時点で残り一コマでした。


インジェクションですから、コック式のリザーブは、ありません。
そのかわり、残り一コマ状態でしばらく走ると、燃料計が点滅状態になります。


点滅状態になると、トリップメーターが距離を表示してた所が、
消ガソリン量に変わります
最初は 0.0L です
こんとき、私たちは八王子料金所のあたりを走ってました


渋滞をすり抜けして調布ICのあたりで、消費ガソリン量が 1.0Lを越えました
1.0Lを越えてくると、点滅が早くなります。
精神衛生上あまりよろしくないです。
高速でガス欠は嫌ですから、せめて一般道まで・・・

首都高の都心環状線とその近辺はタンデム乗り入れ禁止なので、初台ICで一般道に降ります
新宿~四谷~半蔵門 新宿通り
内堀通り~永代通り
眠らない町は、休日でも人も車もいっぱいです

止まるかも・・・って少しひやひやしながら、メーターを見ると1.8L

これって、MAXどこまでなんだろう?
リザーブは2Lそれとも3L?

そんなことも知らないまま、前回燃費からいって、行けるだろうって・・・

でも、無事にGSに到着
給油したのが上記の結果です。


私の行動半径なら、日帰りツーリングだと、だいたい無給油で行って来れそうです


私勘違いしてたんですが、CBR400Rのタンク容量は14Lではなく15Lでした。(今更ですが)
ってことは、まだあと60km位走れるはずですので、ワンタンク航続 400km 越えは可能だと思います
でも、チャレンジする時は、予備ガソリン持ってた方が安心でしょうね


インジェクションはタンクのガソリン全部使い切らないうちに、ガス欠になるって、よく聞きますが
いったい残量どの位でOUTになるんでしょうね。
誰か知ってたら教えて下さい。

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/30

目的地 東沢大橋へ

吐竜の滝からの遊歩道をから、駐車場の場所に戻ると12:45でした。
そう制服の人が「1:00までマラソンの為に通行止め」と言ってた時間までもうすぐです。

ちょっとお腹もすいてきましたが、きっと後からどんどん混むことを予想して行くことにしました

DSC_1531.jpg
やっぱりここまで来てよかった。

DSC_1527.jpg
駐車場脇の楓がきれいに色づいてました

DSC_1532.jpg
あと2~3日で、もっと赤くなるのかなぁ~

DSC_1530.jpg

東沢大橋(赤い橋)の上はすでにカメラを持った人で一杯です

DSC_1528.jpg
有名どころは、どうしても人も車も沢山ですが、これだけ綺麗なら、みんな来ますよね

DSC_1535.jpg
橋の上から、下流方向
午前中ならもっと綺麗な写真が撮れたのかもなぁ~

DSC_1539.jpg
山の方は、燃ゆる秋です

DSC_1533.jpg




秋を楽しんだ後は

DSC00699.jpg

帰り道途中の 双葉SA スマートETCで降りてすぐの「湯めみの丘」日帰り温泉です。
泉質が炭酸泉でとても気持ちいいお風呂です。


この後は、勝沼で渋滞、相模湖で渋滞、小仏で渋滞、調布で渋滞 といつものように・・・

これがなきゃいいんだけどね



さて、来週はどこで秋を写そうかな~
にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/29

トイデジで写す、渓流・紅葉

今回は当然買ったばかりのデジタルカメラ
ケンコーDSC880DW を持参しました

このカメラはコンデジに一般的には分類されてるみたいですが

お値段もとてもリーズナブルだし
オートフォーカスも無いし
手ぶれ補正も無い
安っぽい質感

で、変わった写真が撮れるんだから トイデジじゃぁないかと勝手に決めてます

IMG_0024.jpg

まずは謳い文句の防水機能
川の中に両手突っ込んで「ひゃぁ~つめてぇ~」なんて言いながら写しました
もちろん自分は水上ですから、モニターも見てないし、どんな写真が撮れるか解りません
一応この後もちゃんと動作してましたから、防水機能は問題ないと思います


IMG_0025.jpg
遠近感1

IMG_0020.jpg
遠近感2

この2枚の写真は、ローアングルから写した時に強く感じる
「近くは大きく 遠くは小さく」が普通のカメラより、より強調された写真になってます
もちろん超広角で写る範囲の広さも特徴です

IMG_0026.jpg
歪み1

IMG_0028.jpg
歪み2

歪み1は、広角に写ってる写真の周辺が歪んで写っている為に、中心の人物付近を「取り囲んでる感」が強く出てて面白いと思いました
周囲をボカス手法とはまた違ったピンポイントの見せ方な気がしました

歪み2は、なんか目が回ってしまったような、自分の平衡感覚を狂わされてるような、それでいて奥行き感を感じました

IMG_0004.jpg
久しぶりの Pちゃん 登場
尾羽と首から上がスラッと長く写ってます
人物写真はどうかなぁ~、縦位置だと ちょっと足が長く写るかもね


この写り方を面白いとみるか、失敗写真と思うかで、このカメラの評価は変わりますね。

ちなみに・・・この超広角の写り方をしたくないときは、ちょっとズームを使って写せば普通のカメラのように写せると思います(試してませんが)

あと・・・
もっと電池が持つと思ったけど、思った以上に早く電池消耗しました
単4アルカリ乾電池、予備持ってた方がいいです。

そして~
面白い画が撮れるからと、ローアングルばかり狙ってると・・・エスカレーターとかはいけませんよ~


にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村

2013/10/29

吐竜の滝 紅葉の遊歩道

台風一過の日曜日、天気に誘われてCBR400Rタンデムで出発
八ヶ岳山麓、川俣渓谷の東沢大橋を目指しました。

長坂ICで一般道に降りて次第に標高を上げて行くと、周りの景色はどんどん色づいてきます
DSC_1466.jpg


もう少しで目的地!って思ったら・・・制服を着た方に呼び止められ

「本日マラソン大会の為、この先1時まで通行止めになってます。申し訳ありませんが、ここでUターンお願いします」

「ここでUターン」簡単に言ってくれますよね~~
目的地に行けないことも、もちろん残念だけど・・・

片側1車線の坂道途中の交差点で、タンデムしてるのに Uターンしろと・・・
何事も無いかのように、右旋回するように手振りを・・・

俺は、あなたのお友達の白いバイクに乗ってる方達のような、スキルは持ち合せてませ~~ん

制服の方のご指示には従わずに、左の路肩に寄せて
「一旦降りてくれる」とかみさんに降りてもらいます。

さて、自分も降りて、回すか・・・ いや、やっぱ乗ったっま旋回しよう
道幅をいっぱいに使って~

ちょっと坂になってるのがイヤだけど・・・無事に成功!

ギャラリーがいると思うと余計に緊張するよなぁ~
しっかし、簡単に回れ右って言うよなぁ~

そんなこんだで、目的地消失!

とりあえず、来た道を戻りながらインカムでどこ行こうか相談してると
「吐竜の滝」の表示発見!

「あ、これこれ!、これ行けば、いつもの渓流沿いの遊歩道に行ける筈だ」
「行ったことあったっけ」
「いつもは、赤い橋の方から降りてきて、途中通行止めでこの滝までこれなくて、引き返してるけど、あのルートのさきが確かこの『吐竜の滝』のはずだから間違いないよ」

ってことで
DSC_1493.jpg
散策スタート

DSC_0004b.jpg
「吐竜の滝」は幾筋もの滝がどわ~~って
#すみません、この写真のみ携帯のカメラなんで、ちょっとビビット過ぎ、これ以外はNikon J1です


おっと 大きな岩が
DSC_1478.jpg
ささ、今のうちに通るんだ、俺がささえるからぁ~~


ねぇ見て、魚がいるよ~~
DSC_1477.jpg
このあたりも前日雨だったろうに、水はとても綺麗です

DSC_1480.jpg
紅葉はとても綺麗でした


DSC_1522.jpg
この木の根っこを見たとき、おもわず
ラピュタに出てきた巨木のイメージが浮かんできました

大きな石をかかえこむかのように、根が張っています。
なんか生命力を感じます

DSC_1503.jpg
この辺りで、折り返し点です
「この先9/26崩落・・・」

DSC_1514.jpg
遊歩道とは言え、こうした沢の水が噴き出してる所を渡ったり、滑りそうな岩の上や、歩く所が30cm程しかない場所など、結構スリリングで楽しかったです。
行く人は、トレッキングシューズで行くことをお薦めします

DSC_1467.jpg

紅葉はいいですね。


にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/28

雨降りに塗装

台風27号の影響で、予定してたツーリングはなしになって
そう、こんな日はバイクいじり。

気になってた、リトルカブのチェーンカバーを塗装することにしました(雨ふりだけど)
まぁ、「綺麗に」ってのは自分のスキルからしてあきらめてます

IMG_0009.jpg

目立ってた部分以外も、あちこち錆びてます

IMG_0006.jpg

内部には飛び散ったチェーンオイルが固化してます。
まずは、こいつを、パーツクリーナーと古歯ブラシであらかた取ってから、ウエスで拭きとりました

脱脂も兼ねて、マジックリン原液かけて、スポンジでごしごしと全体を洗います
水洗いして、ウエスで水分ふき取って しばし乾燥(雨降ってるので、気休めかな)

IMG_0010.jpg
塗りたくないシールの部分をマスキングして、「ニッペ さびチェンジ」を全体に塗りました。赤錆部分はみるみる色が変わって青黒くなってきます。

乾燥 1H この間にランチ

ブラサフ噴いて、乾燥 15分

IMG_0012.jpg

ラッカースプレー銀を噴き付けました

「ニッペ さびチェンジ」が刷毛塗りでベトベトしてて、塗った後がわかります
本来は、ここで、一旦凸凹を紙ヤスリ600番位で取り除いてから、もう一度スプレーするんでしょうが
ここで、よしとしちゃいました。
乾燥 1.5H

裏面も上記の繰り返し・・・・・・
結局朝9時頃からはじめて、夕方5時頃までかかりました。

天気のいい日にやれば、もっと時間は短縮できそうですが、
天気のいい日は、すべて遊びに行く日ですからね~
雨の日しか、一日つぶして、こんなことやらないもんなぁ~

IMG_0015.jpg

あらだらけですが、どうでしょう、遠目ならまぁまぁでしょ

DSC00469.jpg

元がこれですから、悪い訳ないよね~

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/28

(T_T) 新車でコケル

#当記事は、写真はありません。 実物を見ても、そっとしておいて下さい。








あ~~ あ~~~


あ~~ あ~~~







CBR400Rこいつは、大事に扱って、いつの日か、手元を離れる時までコケさせないぞ!
そんな思いで乗って行こうと決めていたのに…






あ~~ あ~~~






色んな人のBlogを見てると、新車購入その日に、ショップから公道に出る時に××なんて人もいる、とか、
まだまだ自分よりもっと辛い思いをしてる人はいる筈だ、コケルのは、バイク乗りの宿命だ

少しでも、がまんする・納得する・あきらめる言葉を探して、心の平静を取り戻そうと思ってます。





その時について・・・

日曜日にタンデムで出かけて、ちょっとしたハイキングを楽しんだ後、道の駅でランチを済ませ
さて帰路にと駐車場から公道に出る時でした

一時停止で、左足をつこうとした時に、若干左下がりで、地面が遠い・・・
つま先では、バイクの重さ+二人の体重+TOPケースの荷物の重さを支えられず・・・

指の付け根まで傾いた時には、これで、まだ何とかなると思ってました


でも、傾きに加速度がついてて・・・ウウウ~~と
「やばい!」


かかとが地面に着いた時には、かいみさんが「えっ!えっ!」自分は「ぐぉ~~!」

この角度でクソぢからを・・・出ませんでした(T_T)


「無理だぁ~~~」

かみさんはこの時にフットレストから足を離して、バイクに挟まれないよう安全に足を着きやすいように足を開いたそうです


45度位になったとき
倒れるのは、もう仕方ないと思いました。
でも・・・少しでも、そっと・・・ソフトにランディングして欲しい
そして最小限のキズで納まって欲しい


70度位になったとき
かみさんの足が地面についたんでしょうか?
一瞬重さが少し緩和され、倒れこむ加速度がゆるんだ気がしました
でも、もうとっくにリカバリーポイントは過ぎています

あとは、いかに「やさしく地面においてあげられる」かです。
ゲームセットのそのコールを聞くまでは、あきらめない心で、最後のふんばりで・・・


そっと そっとだ!


頼む、ソフトに・・・


「ごめ~~~ん」(T_T)



結果
乗員2名は無傷
バイクは、ミラーの先、グリップエンドに小キズ
以上


クラッチレバー、シフトレバー曲がり無し、カウルにも目立った傷無し
見たくないんで、あまり探してませんけど・・・



低速時、停車時、もっと注意しなきゃね。

子どもの頃もっと牛乳のんどきゃよかった、と今更の後悔も・・・

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村

2013/10/25

錆びたチェーンカバーとコンデジプレビュー

前前から気づいてて、見なかったことにしてたんですが
チェーンカバーが錆びてきちゃいました。

DSC00469.jpg
Sony Bloggie

ね、ちょっとこれは見た目がよろしくないですよね。
台風の雨は今夜から明朝にかけてのようですが、明日は出かけずに、リトルカブの整備しようと思います

ここからは、カメラの話です
昨日届いた ケンコーDSC880DWについてです。

IMG_0002.jpg
ケンコー DSC880DW

Bloggieと全く同じ場所からDSC880DWで撮った写真です。
リトルカブとカメラの距離は60~70cmですので、大体普通のカメラで写る範囲は、Bloggieで写した写真と同程度でしょうから、ホントに超広角です。

肉眼で見える範囲に近い位、周囲まで写ってます

リトルカブの、リヤタイヤとフロントタイヤの大きさに注目すると
ちょっと魚眼レンズっぽい感じですね
どちらも同サイズのタイヤです。近くはより大きく写るようですね

IMG_0003.jpg
ケンコー DSC880DW

Bloggieと同じ範囲を写すように、バイクに寄って写しました
Bloggieの写真は、AFでピントがエンジンあたりに合ってて、近くの方はモワッと写ってます
DSC880DWの方はパンフォーカスですので全体にハッキリしてます
コンクリートの質感まで、くっきり出てるのは面白いです

DSC880DW個性が強い一芸カメラですね
意識的にこの特徴を使って写真を撮れたら、面白い写真ができそうです。

自分のセンスも磨かなきゃあなぁ~

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/24

また浪費をしてしまいました

今月 奥鬼怒温泉に行った時のことです。

ちゃんとリュックのジッパーを締めたつもりが、開いていたようで、いつも使ってるミラーレス一眼が落下して・・・
朝ドラ「あまちゃん」で春子のローブローでよろめいて自ら踏んで壊してしまった水口のメガネのように
レンズフィルターが割れてしまいました。
幸い本体や、レンズ等は無事で、ちょっと歪んだレンズフィルターを取り除けば、使用は問題ない状態です。

最近出かける時は、このミラーレス一眼を持ち歩いているんですが、確かに安物コンデジより綺麗な画が撮れますけど、普通の一眼に比べれば小さいもののやはり携帯性では、コンデジに負けます。

ポケットに放り込んでおいて、使いたい時にサッと使えて、耐衝撃かつ防水ならいいなぁ~って
で、買うかどうかは別として、ちょっと調べてみようと思って調べていたら、面白いカメラを発見

見なきゃよかった・・・やっぱ買おう!
って予想通りの展開になり

DSC00466.jpg

買ってしまったのは
DSC00467.jpg
これです。
コンデジって言うよりも、トイデジに近い個性的なカメラです

値段は7000円弱、単4電池、オートフォーカスなし、手ぶれ防止もなし トイカメラっぽいでしょ
でも一応防水です

なんで、そんな おもちゃみたいなカメラを って思うでしょう
その訳は、パッケージの表に書いてあるどれでもなくて・・・

画角です。
山にいって広々とした風景を撮りたい時
狭い室内で集合写真をとりたくても後ろに下がれずに苦労する時
お城とか大きい建物と近くの人物を採りたい時
ローアングルからバイクをバックの景色を採りたい時

こんなケースで、もう少し広角に撮れたらなぁ~ってよく感じますよね

このカメラ35mmカメラ換算で14mmの超広角レンズを搭載しているんです
レビューを見ると、「気をつけないと、自分の指やカメラストラップが写り込む」とか「目で見た範囲を写してくれる」とかありました


この広角に撮影できることと防水以外はとりえが無いような安物カメラですが、
ポケットに放り込んでおいて気軽に写して面白い写真が撮れるかもって期待してます

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/23

リトルカブでお仕事

リトルカブで納品に出かけてきました。
といっても、都内を片道7kmちょっと位 往復でも15kmって所かな

リトルカブに火を入れるのも何日ぶりかな?・・・
こないだ乗った時は、まだ暑かった気が

近くの郵便局とかスーパーは行ってたけど、久しぶりにちょっと遠くに

チョークを一杯に引いて、セルを回して・・・
あれ~ かかんない

もう一回、セルを・・・(・。・;

もう一回、セルを Bu bobobobo~~ かかったぁ~
プスン ^_^;

アクセル少し開けて無いと、止まっちゃう~
キャブ車のカワユイ所です

寒くなってきたから、暖気しないとダメですね。
チョーク戻して、アイドリングが安定したと思っても、ガバッってアクセルひねると
プスン(=_=)

1分間位待ってから、走り始めました

行く先は距離的にはそう遠い場所ではないけど
両国から、京葉道路~靖国通りといつも混雑してる都内の主要道路を通って行きます

リトルカブで太い通りを走る時は、いかに安全に抜いてもらうかですよね。
法定速度の30km以下で走るってのはさすがに周りに迷惑にだよね
でも国家権力が、いつものようにいつもの場所で待ち構えているし
今日は見えないゾーンに白いバイクもいらっしゃいました


大体このルートを走る時は、安全指導の切符を頂戴しないで済みそうなスピードゾーンで走ってます

リトルカブって、車に煽られずに走れる時は、それなりに走ってて気持ちいいです
だって、車だとあんなに遅く感じる30km+少々のスピードが、早く感じるし、エンジン音もそれなりに高揚した音を奏でてくれるから、走ってる感があります

乗り降りは楽だけど、私の短い足でも、少々長い時間乗ってたら置き場に悩みそうな乗車姿勢が楽しい

このバイクは法定速度が30kmなんだっスピードだしちゃぁ危ないよって、思い知らせてくれる不安定感も面白いなぁ~

ぎりぎり横をスピード出して抜いてった車に赤信号で追いついて、脇から前に出て(^o^)丿、その先車は渋滞で、リトルカブはすいすい走るよ~

そんなこんなで、楽しんで走っていると、今日もやってきました九段下
ここから靖国神社まで、九段坂が待ってます

ここだけは、せめて原付2種ならなぁ~って思います。
原付にはちょっとキツイよ九段坂~~

#まず基本として九段坂登りは3車線だと言うことを頭に入れて、この先読んでね

九段下の交差点から、坂を登りきるまでの左車線が、左折専用レーンなんです
だから、左から2番目の車線を50ccのリトルカブで登って行かないと行けません
スピードを出しちゃいけない(この場合は、スピードが出ないだけど)リトルカブで左から2番目の車線を走るのは、当然車よりかなり遅いし~

しかも、登りきった信号で右車線から右折する車がいます
この交差点は右折レーンがないので、右折車を避ける為に、3番目の車線から、2番目の車線に入って来る車がいます。
また坂の途中で左折レーンだと言うことに気付いた左車線車が、2番目の車線に入ってきます

そうです。この2番目の車線こそが、私がリトルカブでやっとこパワー全開でひいこら坂を登ってる車線で…
左から、右から割り込まれて、おっとっとってブレーキ掛けて、スピードが落ちてしまった時にゃぁ、そりゃあもう一生懸命です

シフトUPはいいけど、カブでのシフトダウンはまだちょっと苦手ってのもあって神経使います

この状況の厳しさ わかるかなぁ~ カブ乗りにしか わかんねぇだろうなぁ~


まぁ、スピードの出ない。出しちゃいけないリトルカブですが、混んでて信号の多い都内では、
車より早く目的地につける時もあるし、到着時間もだいたい読めるのはいいですけどね。


にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/23

やっぱ「ポン付け」じゃぁない(ー_ー)!!

純正のお値段が、お高いからと購入したヘプコ&ベッカーのTOPケースとCBR400R専用のキャリアを組みました。

CBR400R専用なら、ポン付けだろう、いやそうあって欲しいという願いは、もろくも崩れ去りました
まぁ、終わってしまえば、些細なことですけどね

DSC00456.jpg

タンデムシートをはずして、次にタンデムバーをはずします
バーを止めている2つのボルトと見にくいけど左にあるカラ―をとれば、バーは外せます

って…このカラーが、見たこと無いよ~HONDAさん
真ん中押したらペチッとなって外れるヤツは知ってるけど、進化したのかい!

十字が切ってあるので、プラスドライバーで回してみたり、押してみたり…
う~~ん
ヘプコ&ベッカーにたどりつく前にHONDAにいじめられてます

よ~く観察すると以前見知った、真ん中押してペチッって外すタイプのカラ―と構造的には同じ二重構造でした

プラスドライバーで回すときに一体化して回ってしまうのを、外側が回らないように押さえてやれば、事は解決!

ふっ 俺にかかれば・・・
少々無駄な時間を過ごしました

DSC00458.jpg

ここから付属のパーツ類の取り付けにかかります。
まずは、元々のボルトを使ってプレートをつけます
DSC00457.jpg
前後でワッシャーの高さが違うのに注意して・・・

つぎにこのプレートにアーム部分をつけます
DSC00461.jpg

な、ない! 足りないよ~ パーツが
アームが左右で2本、1本止めるのにボルトが2本とナットが1ヶ、ワッシャーが2個入るのに
ワッシャーが1本分しか入って無いよ!

取説も英語だけですが、そこは英検2級をなめんなよ!ってなんとか克服。
#自分が学生の頃はTOEICはまだマイナーだった


仕方ないなぁ~ やっぱメイドインジャパンの様な訳には・・・
ドイツメーカーでも、製造は某国かなぁ~なんて思いながら
足りないのがワッシャーで良かったなぁ~まあ、無くても問題はないだろうと、作業を進めます




すると・・・
つ、ついにもっと面倒な・・・
DSC00464.jpg

バリバリバリバリ

「ここにネジが入るかぁ~~~」思わず言いたくなりました
塗装カスっていうか、なんでここ綺麗に処理しないで出荷した!?

カッターナイフと、鉄やすりで、バリ取りしました。





この先、作業工程の写真は撮り忘れました。
だって・・・アームと台座となる部分がどう調整しても水平になりません



アームの精度が適当で、角度が合って無いとしか思えません
隙間が開いてしまった状態のままボルトで無理に止めてよしとするしかなさそうで・・・ちょっと残念です


残ったパーツをみると、ボックスにドリルで穴をあけて、左右のブレ止めを付ける
これが、位置決めの指定マークも無く・・・そこは「自分で適当にやってね」感が

多分大体の人が、これ付けなくてもいいなって思いそうな物だけど・・・
取説には、このパーツをつけずにボックスが落下した場合、メーカーは補償しないって
#その前にちゃんと一つ一つ作ってよって言いたいけどなぁ~

両面テープで位置決めして、ドリルで掘ってからネジ止めして、やっと全てのパーツを付け終わりました。


DSC00465.jpg

この状態だけ見ると、どこが変なの?って感じですが。
まぁ、使用には耐えるだろうってことで、不本意ながらも一応完成です!


ちょっと一癖ある外国製品。自分で取り付けしてよかったなぁ~って思います。
だって、時々ボルトが緩むかもしれない箇所とかも知ってますからね。
人任せにして安心してたら意外な落とし穴が!ってありそうです。

駐車場にしまいに行くついでに、ご近所1ブロックだけ回ってみましたが、ガタつきもありませんでした。


週末予定してたツーリングが台風で流れてしまって、このTOPケースの出番はもう少し先になりそうです

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/22

やっと届いた

9/24に発注してた品物が、やっと10/21昨日届きました。

DSC00454.jpg

今週末には、これを付けて、少し遠くまで行く予定なので、早く来ないかと心待ちにしてました
なんでこんなに時間かかるんでしょうかね

まさかドイツからどんぶらこっこって訳じゃぁないよね~










DSC00455.jpg

さぁ、自分でちゃんと付けられるかな…

「社外品は、純正と違って、ポン付けじゃあなくて、ちょっと加工したり、工夫いないと行けない時がよくあります」
ってバイクショップの店長さんの言葉を思い出します。

でもね~ 純正品の半値位だから、そこは多少苦労しても仕方ないかと思ってます
「安物買いの銭失い」ってことわざに、ならなきゃいいなぁ~

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/21

癒しの場所へ

明野を後にして、もしかしたら紅葉始まってるかもと期待して
DSC00438.jpg
増富ラジウムラインを通ってみずがき湖へ

DSC00440.jpg
ゆるきゃら ラジウム星人 に出迎えてもらい

DSC00439.jpg
手書きのMAPを確認

DSC00435.jpg
ビジターセンター前は、ドウダンツツジは色づいてましたが、あとはこれから

DSC00437.jpg
湖越しの通仙峡方面もこんな感じでした。

DSC00441.jpg
これだけでは、ちょっとつまらないので、少しだけクリスタルラインまで足を伸ばしました

川沿いまで行って「この前もここにバイクで来てコーヒーいれて飲んだんだよ~」

DSC00443.jpg

紅葉にはまだ早くて残念でしたが
いつ来ても 癒される場所です

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村

2013/10/21

明野 ハイジの村はハロウィーン

家族と娘夫婦で旅行に行ってきました

行きがけに最初に立ち寄ったのは、山梨県明野のハイジの村です

DSC00433.jpg

テーマパークって私は最近ご無沙汰でしたが、行ってみるとそれなりに楽しめますね

DSC00426.jpg


DSC00393.jpg

もうすぐハロウィーンってことで、かぼちゃがあちこちに

DSC00425.jpg

畑には、こんなでっかいのが、ごろごろしてました

DSC_0040_201310211149106c8.jpg

サルビアの花も咲いていたりで
雲海の南アルプスを前に綺麗でした

DSC00431.jpg
バラに関しては、盛りではないですが、綺麗に咲いているものもありました

DSC00428.jpg

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/18

CBR400R 一日乗ってみて

CBR400R 初ツーも終えたところで、ちょっと感想(インプレッション)を
タンデムでしかも慣らし中での印象です

今まで乗ってたW800が排気量800cc
CBR400Rは400ccなのでパワー的に物足りないかなぁ~って心配しましたが、実写してのその差はそれ程感じませんでした。
低速でのトルクも十分で発進に気を使う事もありません。
自分の場合はスーパースポーツとしてではなく、ツアラーとして使う感じなので
コーナーを攻めるわけでもなく、高速でかっ飛ばす訳でもないので、普段使う回転域が扱いやすいのは嬉しいです

ただ、新車ってこともあって時々ギアが入りにくい時もありました
この点は1カ月点検でオイル交換したら改善されるだろうとは思います

一度ギアが上手く入らずにエンストしましたが、瞬時にセルで復活、3rdで回転高めにして切り抜けました
最初のツーでタチゴケだけは、避けたいですよね

振動に関しては、ドッドッって感じではなく、ビビビビビみたいな微振動です
主にハンドルとシートから振動は伝わってきますが、「ある程度の時間乗ってると振動でしびれてくる」とかは少ない方だと思います。
音に関しては、かなり静かな方だと思います。

乗車姿勢はやや前傾になります。
殿様スタイルでドカッと座る形と比べると、尻だけではなく、腕やふとももにも体重が分散されます。
その為に、長時間乗っててもそれほどお尻が痛くなることがありませんでした。
かわりに、腕や胸筋に疲労を覚えますが、腰が張る事も無かったです
#最近年齢的に尻の筋肉が落ちてきたせいか、一日バイクに乗ってると夕方頃には尻痛との闘いだったので、やや前傾姿勢のCBR400Rにして良かったです。

タンデムシートの乗り心地について
前のよりは固いけど、しっかりしててそんなにお尻は痛くないそうで
タンデムシート部分が高いので、乗り降りはちょっと面倒だけど、見晴らしがいいのがいいとのことでした

タンデムでの運転は、違和感なくできます。

カウル・スクリーンの防風性は、予想通り、より前傾姿勢でかがめばいいですが、そのままの姿勢では結構風圧を受けます。
高速道路を利用して長距離を頻繁に走るのならロングスクリーンやスクリーンを延長する方がラクでしょうね

足つき・シート高について
W800が790mmでCBR400Rが785mm CBRの方が5mm低いはずですが、足つきはW800の方がいいです。シートの形状でしょうね。
自分は足が短いので両足だとつま先が届く程度ですが、大型程の重さではないので、怖さは無いです。

最後に燃費です
タンデムで高速道路半分、信号の少ない一般道路半分のルートで289.7km走行して 8.41L
20131017_110427-0001.gif

初めての燃費計測の結果は 34.4km/L でした
燃料計では残り2メモリでした。
満タンで400km以上は行けそうです。

あとは積載をどうするかですね。

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/17

CBR400R 初ツーは房総へ

奥鬼怒温泉から帰った翌日の10/14
やっとバイクに乗れるタイミングがきました。

とは言え、前日の旅疲れもあって朝はゆっくり目です
かみさんと朝ドラ見ながら「どこいこうか~」

「千葉は?」

それほど陽気もクソ暑くなくなったんでいいかぁ~~

一般道~豊洲IC~首都高速湾岸線~川崎浮島~アクアライン 海ほたるで

DSC_1454.jpg

塩ラーメン アサリと沢山の海苔がよかったです。

木更津東ICで降りて一般道に
目指すは大福山展望台

DSC_1457.jpg

ここの眺めは好きです。標高聞くと、ある意味ビックリです。

DSC_1456.jpg

千葉の山なみが見渡せていいですね。

来た道と違う道に行こうとしたら・・・砂利道に突入してしまい(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

「だ だいじょうぶ!?」
「ん~~ なんとか・・・」(-_-;)

少し行くと、工場の敷地で舗装された開けた場所があって、Uターン
ロードバイクで、上り坂の砂利道はタイヤがグリップしないんで、恐る恐る戻りました

DSC_1458.jpg

そこからは、前にも何度か走ってる内陸の道を繋いで南房総へ
舗装林道で素掘りのトンネルを越えたり、林の中を抜けて走り回りました

DSC_1459.jpg


館山のお寿司やさんで、地魚の握りを楽しんで、富浦ICから高速で帰路につきました

帰りも海ほたるで休憩しました
海ほたるの駐車場の奥に
DSC_1460.jpg

うみめがね(技術資料館)があります。
ここで、海底にトンネルををどうやって作ったか とか どんな技術が使われているのか などを学べます
かみさんが熱心に展示プレートを見たり紹介ビデオを見てる間に私は、zzzzzzz~

英気を養ってから、10kmにもおよぶ海底トンネルの渋滞に突入して行きました


にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/16

秘湯で混浴 奥鬼怒へ2

秘湯と言われる宿で、自分が期待してたのは、星空と、明け方の森の様子です。

星空の方はあいにく厚い雲で見ることができませんでした。
もしかしたら見れるかも・・・って淡い期待をもって
10時頃
12時頃
2時半頃
3時半頃
と何度かチェックしましたが、全て期待外れでした。
冬場にでも来れたらいいでしょうね

星空はこの辺であきらめて、明け方の森を探索する事にしました

l_78193a02742df63cef3cd6e4f5ab63726ee56259.jpg
朝5時頃です。
早起きしていた仲間が玄関まで見送ってくれました

DSC_0026.jpg

10分程で、八丁の湯まで降りて来ました
ログハウスがいい雰囲気です。
次来る時は、こっちに泊ろうかなぁ~
空はすこしづつ白みはじめてますが、林の中は手に持ったLED懐中電灯が頼りです

DSC_0031.jpg

目的地到着!

残念!期待は星空に続き、またまた夢と終わりました。
何を期待してたかって言うと

この辺りの森は地表から50~60cm位の高さまで木に苔がまとわりついてます
だから、きっと早朝は朝霧が出て、神秘な雰囲気の世界が見れるのではって推測してたんです

多分川の水温が低すぎるか、気温があまり寒くないからなのか・・・素人なので、よくわかりません
とにかく条件が、整わなかったってことですね・・・残念!

30分程散策して、宿に戻り朝風呂へ
朝の風呂は、おばさんも、おねえさんも、おっさんも・・・結構賑やかです

川魚や山菜などのおいしい朝食をいただいて、しばらく休憩してから、帰路につきます
まずは三たびとなる
l_00455181b87cf4e8dab1ba1576717b85620cf30d.jpg
八丁の湯

「ここの温泉も泉質がいいよ~」と幹事の薦めに従い、みんなで日帰り入浴!
こちらのお風呂も混浴露天風呂!(女性専用もあります)

泉質は、加仁湯が硫黄臭が強くて白濁しているのに対して、八丁の湯は硫黄臭はあるもののそれほど強くなく湯も透明です、滝口のすぐ側の露天風呂で景色を眺めながら湯に浸かるのは、とても気持ちいいです
自然の中 感がとってもいいです

そしてここでも、ご夫婦で入りに来られる方が…
奥さまの方についつい目がいきそうになるのをこらえながら、前を抑えて湯から上がりました

加仁湯を出てからは、「バスで降りる」「歩いて降りる」の二手にメンバーは別れました
私は歩く方の組です

l_c75867b7ac1ea49a2b7c10fc5efbd4b3c3308be8.jpg
ところどころ崩れて迂回ルートになったりしてますが、景色を楽しみながらの約1時間半です

l_e7a5ac8a20a7166d451d8ec0d29802e03af9c9c7.jpg
まだ始まりかけの紅葉の中気持ちよく歩いて行きました。

加仁湯も八丁の湯もいい温泉ですよ。
往復歩くのが、ちょっと大変だけど、歩くのがいやなら送迎もあるので安心です
一度は奥鬼怒温泉に女夫渕から歩いて行かれるのはいかがでしょう。景色いいですよ。

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/15

秘湯で混浴 奥鬼怒へ

10/12 同業種の同年齢の仲間で作る会の企画で、奥鬼怒の加仁湯温泉に1泊で行きました

東武電車で浅草から特急で鬼怒川温泉駅へ2時間
レンタカーを借りて、そこから山道を1時間半

私がドライバー役を買って出たので、みんなは電車の中からゴキゲンに・・・
山道は、舗装されてはいますが、時折1~1.5車線になる道で、先の対向車を気にしながら
時にはぎりぎりですれ違ったり、時には少し広めの所で待ってやり過ごしたりと、かなり神経を使う道です。

DSC_0024.jpg
この写真は途中休憩した、川俣温泉のあたりです

女夫渕(めおとぶち)の無料駐車場に車を駐車して、宿を目指してのハイキングスタート
DSC_0025.jpg

女夫渕から先は、一般車通行止めとなっています。
加仁湯温泉宿へのアクセスは
宿の送迎バス(約30分)を利用するか、遊歩道を歩いて(約1時間半)行くの2択です。

私たちは歩いて行く事にしました。

l_231cbc53b8dbd650e501143807698a28bafeda61.jpg
まだ紅葉は、これからでしたが、川伝いに歩く景色は綺麗で気持ちいいです



DSC_1444.jpg

少々へばってきた頃に、八丁の湯に到着。
こちらもログハウスの客室がいい雰囲気です。
ここから、残り10分程で、目的の 加仁湯温泉です

DSC_1446.jpg

雰囲気ありますよね

この日は、私たち以外にも沢山のお客さんで賑わってました
普通の温泉宿と違って、ほとんどのお客さんが、リュックサックを背負っている、山歩きスタイルでした

温泉は、男女別々の風呂もありますが、混浴の露天風呂がいくつか有ります
宿について直ぐと夕食後と翌朝と風呂に入りましたが、毎回お風呂では女性と一緒になりました

女性は一様にTVみたいにバスタオルを巻いたまま、湯に浸かってましたが、どうなんでしょうね。
TVでは、「撮影の為に許可を得てバスタオル…」とテロップが入りますよね~
無許可でバスタオルは、違法!ルール違反だよね。
普通のタオルでさえ、湯に入れないのが常識だし…

そんな訳で、ぶらんぶらんした、おっさんたちと、
バスタオル巻いたおばさんたちが、お風呂で出会って…

おっさんたちは、コソコソと恥ずかしそうに、
おばさん達は事も無げな顔で
湯に浸かりましたとさ

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村

2013/10/15

携帯ナビ設置完了

前回ご紹介したパーツを使って、バイクで携帯ナビが使えるようにしました

DSC00384.jpg

ステムホールのキャップを外した所です。
この作業が一番面倒・・・っていうか、一番気を使いました。

バイスプライヤーで、挟んで…滑る
少し隙間が出来た所で、マイナスドライバー突っ込んで浮かせて外しました。

勢い余って余計な所にカツン!ってことが無いように、タンクなど周囲をウエスなどで保護しながら作業しました。
これが終わったら、あとは組み立てだけで簡単!

DSC00386.jpg

バーとホールダー付けるのに10分程かな

DSC00389.jpg

携帯を置いて、電源挿して完成です!

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/11

携帯ナビを搭載します

W800のオマケとして、SONYのメモリーナビnav-uが旅立って行きましたので、ナビをどうするか!

普通にナビを購入した方が、専用機だし現時点では優秀な気もしますが、そろそろ携帯版も進化してきたようですので、携帯ナビにまずチャレンジしてみようと思いました。

専用機はナブユーもそうですが、MAPの更新をしていかないとならない点がデメリットですね
SONYがこの市場で撤退してしまったので、地図の更新も今後無いのが残念で切り替えることにしました


先日XR230でツーリングに行った時に、携帯でのナビゲーションを試してみました。

その時は、タンクバックに入れて、ビニール越しに見る形でした。
やはりビニールの上からはタッチパネルを操作できないので、不自由です。
また透明のビニールでも素と比べると反射・写り込みで見にくいです。
視認角度も真下になり、走行中に見るのは危険だと感じました


で、今回もハンドルにマウントしようと思ったんですが・・・
CBR400Rはセパハンでした…
で色々と購入
DSC00381.jpg

DAYTONA デイトナ マウントキットΦ17-20 スチール製カラー:白亜鉛メッキステムホール径:Φ17-Φ20
DAYTONA デイトナ マルチバーホルダー ステムクランプ スチール製カラー:電着黒塗装有効パイプ長:左右ともに55mmパイプ径:φ22.2パイプ全長:155mm
ヒロチー ユニバーサルホルダー スマートフォンホルダー マルチホルダー 強化バイクセットA ヘルベルト・リヒター対応
携帯はドコモの防水タイプのに機種変しました、ソフトはナビタイムです

ナビを使ってると携帯の電池がみるみる無くなって行きますので、電源も確保
DSC_1428.jpg
イグニッションの上に3つポチッとゴムのフタが有りますよね
このフタをよけるとUSB電源を取り出せるようになってます
詳しくはメーカーのホームページをどうぞ

今週末は、明日から同年代の仲間と電車で旅行です。
CBRはまだまだ、車庫から出せません(-_-;)

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/10

物欲が、止らず

あれも、これも欲しい~~

今回買ったのはコレ

DSC00378.jpg

こんな状態で、クロネコさんが運んで来ました。
すげー簡易包装ですね。

プチプチで巻いただけです

で、もうお分かりでしょうけど、梱包を解くと

DSC00380.jpg
これで~す。

メンテナンススタンド リヤ用
CBR400Rは、メインスタンドがないので、チェーン清掃とか、これで楽にできそうです。


リアメンテナンスバイクスタンド(大) 後輪専用リアメンテナンスバイクスタンド(大) 後輪専用
()
toolsisland

商品詳細を見る


にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/09

秋が キター

持つべきは友。おふくろの友達が送ってくれました。

おふくろとおふくろの友達に感謝して、ご相伴にあずかります


炭火であぶって、土瓶蒸しにして・・・
酒は、何にしようかなぁ~

DSC00377.jpg


にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村

2013/10/09

秋冬モード

「あなたの冬用ジャケットも、だいぶ痛んで来たわね」

「ベルクロとかダメになって来てるね」

「のど元とか手首の所とか、良く外れてるね」

「買っても・・・いいの」

「これから寒くなるしね」



ということで、許可がおりましたので、二人して東雲のライコランドに行きました

もちろん選択権はかみさんに委ねて、選んでもらったのがコレ
自分、あまり着る者に興味が無いので、大体おまかせしてしまいます。

DSC_0033.jpg

ああ~ また財布の紐を緩めてしまいました
まだまだ欲しいものがいっぱいあって困ります


今シーズンより このジャケットで行きます!

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/08

CBR400R 初給油

ツーリングにいってないので段々ネタがつきてきた感が。

先週は、土曜が雨で、その影響で孫の幼稚園の運動会が日曜に順延になって…
もちろん運動会を見に行って楽しんで来ました
DSC_1426.jpg
お遊戯室で、家族でお弁当を囲みました。
そんな訳で…新車バイクでのおでかけは「おあずけ」状態でした。




バイクネタに戻ります。
納車日に緊張しながらの帰り道、エンジン始動すると、お約束通りガス欠警告状態。
燃料計の最後の1コマが点滅してます。

「大体、ショップで1リッター位は入れてるはずだから、30km位は走れるハズだよなぁ~」
って思って、直ぐには給油せずに、自宅近くのスタンドに行くことにしました。

「でもまてよ、最近のはインジェクションだから、全部使い切る前にガス欠になるって聞いたことがあるぞ」
ちょっと心配になってきて…

「でもまぁ~、3~4km程度だから行けるな」
などど、自問自答しながら、短い初乗りを楽しんでました

で、自宅近くのスタンドで、初給油です
20131007_110325-0001.gif

12.99Lでした

お値段少々お高めのフルサービスのお店です。

給油の時に雑巾を給油口の所に置いてから、ガソリンを注ぎ入れてるので、
「ちゃんと気を使ってくれてるな」って思ったら

フルスロットルで、飛び散る!!!…(ー_ー)!!
ちょっと慌てて、一旦給油ストップして…
今度はスロットルを加減して給油再スタート

「バイクには、あまり慣れて無いと見た!」
でも、結構上手に少なすぎず、多すぎず給油してくれました。(^O^)/

だが、しかぁ~~し
ガンを抜き取る時に、ガソリンの雫が1滴、タンクにポタリと…(ー_ー)!!

「詰めが甘いやつだなぁ~~折角用意した雑巾の使い方が残念だ」と思いながら
なにも言わずに自分で拭きました。<`ヘ´>


余談が長くなりました。すみません。
満タンが14Lのはずですから、やはり1L位はショップで入れてくれてたのかな。

でもまぁ、有効ガソリン量として、13Lは使える計算がこれでたちました。
先駆者のCBR400R燃費報告では、高速使ったツーリングでは、30km/1L以上のようなので
満タンで400km行けそうですね。

実際はどうかなぁ~ 早く走りに行きたいです。

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/07

スポーツ・グリップヒーター

新車買ったのに、ちっとも乗れてません。
ショップから持ち帰ってから、まだ車庫から一度も出してません。
乗ったのは、納車日にショップから車庫までだけです。

ホンダ純正 スポーツ・グリップヒーター
新車購入時から付けました。
従来のグリップヒーターの倍くらいの値段になってますので、ちょっと躊躇しましたが
これから寒くなるけど、「冬場も乗ろう!」とおもって奮発しちゃいました。
DSC_1430.jpg


左ハンドルに操作部分が有るんですが、わかります?
旧タイプを以前にXR230に付けたんですが、スイッチもそこそこ大きいし、グリップ自体も一回り太くなります。
これも多分少しはグリップ太くなっちゃうんだろうなぁ~って思ってました

ところが、今回CBR400Rにつけた スポーツグリップヒーター
グリップを握ってみて全然太くない、むしろ細く感じます。
納車時にショップの人に
「これ、お願いした、グリップヒーターついてます?」って聞いちゃいましたもん(ー_ー)!!
付け忘れたのか?って思いましたから。

ホント!それくらい違和感無くついてます


ちょっと高かったけど、付けてよかったと思いました。

DSC_1430b.jpg

これがスイッチです。中央にLEDが入ってON・OFF等の表示になってます


CBR400R走行、まだ4kmです。
走りに行きたいなぁ~~

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/04

クリアコート

CBR400R新車購入に際して、クリアコートを薦められました。

いいって評判は、たまに耳にしてたので、施術してもらうことにしました。

で、納車の時に注意事項として
「1週間は水洗いしないで下さい。雨にも当てないようにして下さい」

なんでも、完全に皮膜が硬化するのに1週間位かかるそうで、固まる前にゴシゴシ水洗いとかすると落ちてしまうようです。

雨模様の中でも、少しくらいの雨なら、慣らしかねて乗りたいなぁ~って思ってたので、ちょっと残念・・・(ー_ー)!

バイク用のクリアコートは車用とはまた違うそうです。
バイクはタンクとかが気温の影響で膨張したりするから、その際に塗布したクリアコートがひび割れてしまったりするそうです。
車用を10とすると6~7位の固さがバイク用だそうです。

バイク屋さんから引き取って、そのまま車庫にINしました。

明日 雨なんだよなぁ~~~

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村
2013/10/03

CBR400R よろしくお願いします

CBR400R 納車引取に本日「午(うま)の刻」に行ってきました

昨日が大安で「お日柄もよろしく」だったんですが。ショップの定休日
本日は赤口で、基本凶日「午の刻」のみ吉だそうで、縁起を担いでみました。

CBR400R.jpg

400Xと最後まで悩みましたが、乗車した時のシックリ感、フィット感で決めました。

車庫に入れるのに若干スロープになってて、そこをバックで押し上げているんですが、
あきらかに楽になりました。やっぱ軽いのはメリットですね。

W800よりゴージャス感とパワーはダウンしましたが

バンク角とタイヤ径での倒しこんだ時の安心感
ブレーキが良く効く&ABSによる安心感
若干の前傾による、尻痛の軽減
ニーグリップした時のフィット感
エンジンサイズダウン&空冷→水冷で夏場乗車時の暑さの軽減
フルカウルによる高速走行時の風の抵抗の軽減
とりまわしの軽さ

フルカウルからスーパースポーツのようなイメージもありますが、自分としてはツアラーとして捉えてます
燃費もよさそうなんで、長距離も楽しみです。

オプションは
スポーツグリップヒーター
ETC
防水USBソケット
の3点を付けました

後は社外品を何点か自分でつけようと思ってます。

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村


2013/10/02

W800ドナドナまでの顛末

W800を手放そうと思ったのは、HONDAの400cc 3車種を試乗したからです。

W800は、凄くいいバイクです。大好きです。
でも、ネガな部分も当然あります。そしてそこが別のバイクに思いを巡らせる理由にもなります


ここから先は、少々ミミッチイ、お金の話
 「なるべく高く売って、安く買いたい」&「この先長く付き合うなら少し高くても」と葛藤


ホンダドリームのお店で、最初はひやかし半分で査定してもらったら、45って数字が出ました。
「細かい傷があと一か所少なかったら極上なんですけど」とのお褒め言葉もいただき
「走行キロがけっこういってますので(24000km)今この状態ならですけど」とのことでした

自分で思ってたよりいい数字を聞いて、この先、あとは二次曲線的に安くなる気がしました



「売るなら今、今売らないなら、とことん乗る」の2択に思えました



結局、乗り換えることに気持ちを固めて、これまでお世話になってるカワサキのお店に
「HONDAのバイクに買い替えようと思いまして・・・」
「これまでお世話になりました。またカワサキ車に乗りたくなった時には、またお世話になりたいと思ってますので・・・」
一通りお礼を言って、一応下取りのみの金額を伺いましたら、30ちょっとでした。
たぶん普通このくらいの評価なんだろうなぁ~って思いました


次に試乗もかねて、ホンダウィングのお店に行きました。ここは比較的安売りもされてて通販とかでも販売されてるお店です
こちらでは、「オプションも全てついたままなら50で引取ます」とのことでした。
新車値引きもドリーム店より5くらい多くて、トータル10以上の差が・・・心が揺れます
ロケーション的に、家からちょっと遠い&バイク以外で行くとなると面倒・・・などが問題点です


で、ドリーム店に再度いって、ご相談
自分としては、こちらで買いたいが、価格差がネックだと正直に言いました

すると
「新車値引きに関しては、同じにはできませんが、もう少しがんばれると思います、下取りはこちらのお店では他メーカーのバイクを販売できないので、この金額のままになります。」
「もし、お客様がどちらかで高く売れるのであれば、そうされた方がお得かもしれませんね」


話を伺いながらDQのセリフが頭をよぎります
#おや、もちものがいっぱいだな どこかで売るか捨てるかして、また来てくれよ#


ダメ元で、ウィングのお店に電話してみると・・・
やはり新車購入があるからこその下取り価格でした


○○王は、以前他のバイクの時にあまりに残念な金額しか出なかった上に、即決をせまられたので、話にも行きませんでした。


で、度々売り買いしているヤフオクに・・・
現金全額先払いの条件付けてリスク回避して、最低落札価格を55にして、オプション全部付にしました。
オプションは、ETC・ナビゲーション・パニアセット・エンジンガード・社外スクリーン等です
結果的に、これが良かったようで、最低落札価格の少し上で無事落札となりました。


不思議な物で、落札が決まると
「なんかもったいないなぁ~何で手放すことにしちゃったんだろう・・・」
「きれいで、いいバイクだったわね。なんかちょっと惜しいわね。オプションも結構お金かかってるからもう少し高くしても」と相方
でも、まぁ、決めたことですし、そこはふんぎらないとね。



落札者の方がいい方で、滞りなく手続きが進み、月曜日にW800は手元を去って行きました
落札者の方には「とてもきれいな状態ですね」と感謝され、後の私への評価欄では、高評価な上に楽しくなって遠回りして帰られたと載ってました。


バイク好きで大事に乗ってくれそうな人で、安心しました。


オークションはリスクもありますので、あくまでも今回の私のケースではこうだった、と捉えて下さい
ちゃんと入金がされなかったり、後からケチ付けれれてイザコザしたりとか、状態がいいってのが実はトンデモナイとかのケースも希にあるようです。
利用される場合は、あくまでも自己責任でお願いします。


まぁ、そんなわけで、「どこかで売るか・・・」が希望金額でクリア出来たので、ホンダドリームでの新車購入に踏み切りました。


実は新車の納車準備はもう出来てて、あとはこちらの都合で引取に行くだけとなってます
今日は定休日なんで、明日以降早目にしたいと思ってまぁ~す。

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村


2013/10/02

オイル交換

9/29 日曜日
XR230とLittleCub 2台のオイル交換をしました。

XRの方は、前回から8カ月たってしましました。ちょっと長すぎますね
走行は1300kmです。

やろうかなぁ~って思いながらも

今日は暑いからやめよう
今日は雨だし・・・
まだ、走行キロがそれほどではないから~

などど適当な理由を作って先延ばしにしてました。

この日は、前日9.2度の熱を出したこともあって、出かけずに自重していて、陽気も暑くも寒くも無いので、やっと重い腰をあげました
DSC_0019.jpg
XR230 のオイル排出してみると、走行キロの割に、結構汚れてます
オイルフィルターも無い(無いに等しい)構造ですから、やっぱり1000km又は半年以内でやらなきゃなぁ~って思いました。

つづけてリトルカブのオイル交換です
カブオイル交換

こちらは前回交換から7カ月経過 走行キロは 200km(ほとんど走ってねぇ~~)
中古購入後 即交換して以来です
前回交換時に、ヘドロみたいなオイルが出てきたので、早目に替えようと思ってたんですが
あまりに走行距離が伸びないので、時間が経ってしましました
半年以上になりましたが、まぁ 200km位ならまだいいでしょうと思って…
郵便局とか、コンビニに行ったり、2~3km圏内の使用がほとんどなので、距離は伸びないですねぇ~

でも変えてみたら
出てきたオイルは、XRのより汚かったです。
やっぱ、元々がかなり汚れたオイルが入ってたから、一度変えた位じゃ汚れが残ってたんでしょうね~

今回使用したオイル
XR230 ウルトラG1 1リットル
リトルカブ ウルトラG2 500cc + ウルトラG1 100cc

ウルトラG2がたまたま残っててまだ使えそうだったから、カブはミックスにしちゃいました
XR230は1リットルジャストが交換量なので、新しいボトル1本で済むのが嬉しいです。

2台のバイクをオイル交換して、1.6リットル、自分でやれば2000円でお釣りがくるので助かります

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村


2013/10/01

小菅の湯と白糸の滝

9/28 W800は嫁入り先が決まって、ナンバーが無い状態なので

無謀にも
XR230でタンデムで出かけることにしました。

パワーが無いのはまぁ当然なのでいいんですが、狭くて細いシートは、徐々に二人のお尻にダメージを与えてくれます。
いつも載せてるGIVI箱を降ろして、寄りかかってもソフトなリュックに替えました。

自宅~靖国通り~新宿通り~初台IC首都高速~中央道のルートで
八王子手前の石川PAで休憩と朝食
ここから上野原IC~一般道で小菅に一気に行くつもりでしたが

DSC_1391.jpg

お尻が痛くなって、途中休憩
タンデマーのかみさんは、足の曲りもきつくて、膝にも疲労が有るそうです

DSC_1394.jpg

田舎道は、いいですね、脇を流れる川も澄んでいて、川底まで良く見えます
10分程、お尻の血行をよくしてから再出発!

11時30頃小菅の湯に到着!
早速物産館の前でおばちゃんが焼いてるヤマメを食します
DSC_0016.jpg

今年は養殖場のあたりで工事があったそうで、神経質なヤマメは例年ほど大きくなって無いそうです。
たしかに、例年秋にはもっと大きくて脂が乗ってるのを食べてた気がします
でも、ちょっと小振りなので、頭から中骨まで残さず食べれます。(大きいのと比べて骨も柔らかいので)

温泉に1時間位ゆっくり入ってからランチにしました
おなかがいっぱいになると、今度は睡魔がやってきたので、仮眠室で20分程横になりました

眠気もなくなってスッキリした所で二人バイクにまたがって出発
折角オフロードバイクで来たんだから
オフロードに突入!

小菅村の白糸の滝を目指します。
フラットなダートってこともあるけど、二人乗りでも全然恐くないです
うしろのかみさんも、ダートの緊張感を楽しんでるようでした

DSC_1397.jpg

白糸の滝への入口です。
観光客を追い返したいのかい!ってツッコムこともなく、熊に出会わないことを祈りつつ熊の住む世界へ侵入します。

DSC_1398.jpg

鬱蒼とした感じですが、一応歩けるように整備はされてます

しばらく歩いて行くと滝の水しぶきの音か聞こえてきます
DSC_1401.jpg
白糸の滝 命名の由来とかが

DSC_1402.jpg

滝見台があるので、登ってみましたが、周りの木が茂ってて、良く見えませんでした
山道は滝の方にまでつづいているので、滝壺まで行けるかもと進みます

DSC_1408.jpg

ここまでくると、滝の全体が見渡せます。左下に写ってるかみさんと見比べると、滝の大きさがうかがえますよね。
DSC_1410.jpg

滝壺まで、やってこれます。ミストかいっぱい。マイナスイオンで癒されます

DSC_1411.jpg

見上げると水しぶきが顔にかかってきました。

例によってですが、人があまり来ない場所はいいですね。

あまり「ひとけ」がなさすぎで「熊さんとこんにちは」ってのはいやですけどね


この日家に帰ったら、のどが痛くて、頭が痛く・・・
久しぶりに風邪をひいたかな・・・

夕食もお酒もあまり進まなくて、早々に寝ることにしました
一応体温計で計ってみたら「39.2度」

自分でもビックリ! よくこんな熱でバイク運転してたなぁ~~
たぶん家について安心した所で、熱も上がったんだろうけど・・・
二人とも無事に帰れてよかったです。

ちなみに熱の方は「早目のパブロン」のおかげで、翌日には平熱に戻りました

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村