2012/11/29

小石川植物園の紅葉

11/25 六義園を散策してから、場所的に近いので小石川植物園まで歩いて行きました

DSC00046.jpg

DSC00054.jpg

東大の研究施設ですから・・・この木は銀杏の精子が発見された木だそうです。

DSC00060.jpg
思わず上を見上げたくなります


DSC00062.jpg

大きな木が沢山ありました

DSC00066.jpg

日本庭園のゾーンもありましたが、こういった原生林ゾーンの方が私は癒されます

あ~~ 早くバイクで林道走りに行きたいなぁ~

DSC00084.jpg

イタリヤ生まれの柳の仲間だそうです。燃え上がるようで面白いです。

DSC00088.jpg

こちらはメタセコイヤ、銀ちゃん、こたちんと一緒に走った琵琶湖を思い出します

DSC00094.jpg

メタセコイヤも大木です

DVC00071.jpg

でもやっぱり紅葉は、モミジの赤ですね。


にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村

2012/11/27

六義園の紅葉

11/25日 朝から快晴 退院した翌日!ですが、天気の良さに誘われてじっとしてる気が無くて…
かみさんとおふくろを誘って電車に乗って(流石にバイクは我慢)出かけて来ました

DSC00005.jpg

都内でも紅葉の名所 六義園(りくぎえん)です。

DSC00021.jpg

実は東京に住んでいながら、ここに来るのは初めてでした。
素敵なお庭ですが、流石に紅葉目当ての来場者も沢山いて入口から整理されて入る状態です。

おふくろが、なつかしそうに、「昔お父さんが、私をモデルにここで写真を撮ってくれた・・・」と60年程昔を振り返ってます。

DSC00010.jpg

入口から左手に進んだ所です。
なかなか人がいないタイミングを狙うのが難しい…

DSC00011.jpg
ここには樹齢がある大きな木が沢山あります
こうした大きな木を見上げると、どれだけ色々な時代を見てきたのかなぁ~~って思います

DSC00023.jpg
紅葉は、黄色も赤もとりどりに楽しめて、ちょうどいいタイミングでした

DSC00025.jpg
ちょっと小高い所があって、庭を見渡せます。絵的にじゃまにならない程度にビル群をいれました。
東京都内の公園ですから・・・

DSC00027.jpg
アップにするとこの通り・・・実は人がいっぱいです。
この高台に登るのにも並んで・・・登るにも人とぶつからないように気をつけながら・・・

DSC00032.jpg
でも、こんなカラフルな景色を見れたのだから、多少の人混みも我慢ですね。



まぁ、それでも、自然とのシンパシーを感じるなら、バイクで出かけた方がね・・・かみさんと共通の意見でした

早く体調万全にして、バイクで走り回りたいなぁ~~

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村


2012/11/26

鎖骨骨折から1年、抜釘手術

昨年11月末に交通事故で鎖骨を骨折、12月8日にプレート埋め込み手術をしてから約1年

抜釘手術の為入院して来ました。

DVC00066.jpg

手術前日、主治医の先生が「一応マークしておくね。まぁ左右間違えることは無いんだけど、決まりでね」

手術前は、結構緊張しますね。一年前の痛かった時の記憶が蘇り

また、しばらく辛いんだろうなぁ・・・・・・

欧米では一度埋め込んだプレートを取り出す人は、医療費が高いって事もあって少ないそうです。

プレートが入ったままでも不自由は無かったけど、ちょっとした違和感があったり、ときおりムズムズしたりするので、私は取り去っておきたいと思いました。

骨折自体は、だいたい半年位で骨はくっつきます。しかしその頃はまだ強度的には弱くてレントゲンで見ても骨折部分わかるような状態でした。元の強度になるには約1年かかります。
これは、超音波治療とか特別なことをしないかぎりは、サプリでカルシウムを多めにとったりしても、期間が短縮はされないようです。

そんなわけで、約1年待って抜釘手術に臨みました。

542600_297738836992260_496454906_n.jpg

取り出したチタンプレートです。
もっと薄いものかと思ってたんですが、結構厚みもあってしっかりしてて驚きました。
こんなのが体の中に入ってたんだなぁ~~

手術の傷口が治れば、あとはいたって普通になるそうですが、抜いたボルトの穴が開いたままで
これが完全に埋まって普通の強度になるのにはまた1年です。


私の場合、取り出す手術は全身麻酔で行われました。
手術室に入って、手術台の上に自ら乗って上を見上げると、ドラマなどでよく見ろ丸いランプが・・・
手術なんだなぁ~って実感してると、色んな器具がつけられ
ピッピッピツっとスピーカーから音がしてきます。
ドラマじゃなくて、これは自分の心音なんだなぁ~~なんて思ってるうちに
「はい、そろそろ眠くなります」と言われ・・・ものの数秒で意識が無くなりました

手術時間は1:30位でした。

手術後1時間位で、目が覚めました。
意識がはっきりしてくると、自分のベットに戻ってるのがわかりました。

以前怪我した時の手術後は、痛くて少し動くだけでも脂汗をかきましたが、今回は、痛みも軽かった。
なんだか、予想していた以上に痛みが少なくて、嬉しかった。

手術自体も短時間で済んだこともあって、おしっこの管を入れられることも無く、麻酔がちゃんと切れる5時間後には、酸素マスクもはずれ、一人でトイレにも行く許可ももらえました。

翌日には、点滴、腕を固定する胸部バンド、エコノミー症候群予防のストッキング、これらもはずされ、晴れて自由の身に

痛みも軽いので病院の中を歩き回ったり、本を読んだりして退屈をしのぎました。
夕方、担当医の先生から「いつ退院しますか?明日でもいいですよ」
「では、あさって、土曜日に退院させて下さい」
「いいですよ、じゃぁ土曜日退院で手続きしておきます」

そう…あまり痛くないし、結構元気だし、早く退院したいけど・・・
5日以上の入院じゃないと保険金が出ない保険のせいです…

こうして、5日間の入院生活が終了しました。

鎖骨骨折で埋め込んだプレート除去手術、人にもよると思いますが、私は思ったよりず~~~っと痛くなかったです。

びびって損したなぁ~


「しばらくは抜いたボルトの穴が開いてるので骨折しやすいから、気を付けて下さい」
って言われてます。
2012/11/09

トランギアをミニ七輪に仕込んで


今宵はおでん
2012/11/07

時期主力アルコールバーナー

先日購入した トランギアアルコールバーナー

trangia(トランギア) アルコールバーナー  TRB25trangia(トランギア) アルコールバーナー TRB25
()
trangia(トランギア)

商品詳細を見る


やはりロングセラー品だけあって、しっかりした作りで所有して満足感があります。



trangia(トランギア) メスティン  TR210trangia(トランギア) メスティン TR210
(2012/04/17)
trangia(トランギア)

商品詳細を見る



VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブ Titanium Hexagon Wood Stove(並行輸入品)VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴン ウッドストーブ Titanium Hexagon Wood Stove(並行輸入品)
()
VARGO(バーゴ)

商品詳細を見る


ヘキサゴンウッドストーブを五徳兼風防にして、メスティンでご飯を炊いてみたり
お湯を沸かしたりの予定でした

DVC00049.jpg


上記は、家でご飯を炊いた時の写真です。


で、これならいけるって思って、先日の榛名山へ持参してみました。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 18-8ステンレス製パーコレーター3カップ M-1225キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 18-8ステンレス製パーコレーター3カップ M-1225
(2012/03/09)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

商品詳細を見る


このパーコレーターをいつもやかん代わりに使ってるんですが、3人分のカップ麺用のお湯が(約800cc)が沸きません
炎がゆらめいて、ウッドストーブの上部から出て来てはいましたが、これだけでは防風対策が足りないみたいでした。
400cc位なら沸いたのかもしれませんが・・・ちょっと残念です。
結構この3点で、お金かかったしなぁ~~~

で今後どうしようか・・・
プラン1
もっと底の面積の大きいやかんに変える、風防を別に外周に設置する


trangia(トランギア) ケトル0.9リットル TR-324trangia(トランギア) ケトル0.9リットル TR-324
()
trangia(トランギア)

商品詳細を見る



プラン2
メーカーの専用五徳を買って、風防も用意する


trangia(トランギア) B25用ゴトク TR-281trangia(トランギア) B25用ゴトク TR-281
()
trangia(トランギア)

商品詳細を見る


プラン3
ストームクッカーを購入する



trangia(トランギア) ストームクッカーSウルトラライト  TR273ULtrangia(トランギア) ストームクッカーSウルトラライト TR273UL
()
trangia(トランギア)

商品詳細を見る



折角買ったんだからトランギアを使わないともったいないって思うけど・・・
どのパターンにしても、またお金もかかるし荷物が増える
防風が一番完璧そうなストームクッカーに至っては、お値段もいいしとてもコンパクトとは言えない体積が…


結局トランギアは多少荷物が増えても問題ない時に使うことにして


自作のアルコールストーブ「ウコンの力」バージョンを 再び主力にしようかと・・・
風が強くても800ccでも、湯が沸いたもんなぁ~

111111_001405.jpg

こうやってみても、火力が違う・・・
トランギアを使う場合は、沸かすお湯の量と風よけを十分に考えないといけないなぁ~って痛感しました


BUT
手づくりバーナーの欠点は、
燃費が悪い、残った燃料が回収しづらい、
手づくり感いっぱいで、安っぽい
安定した火力になる前にやかんを載せられない
#アルコールの炎は明るい日差しの中ではよく見えないので、タイミングをはかるのが面倒です
そして一番問題は、やかんを置いた時の安定感がない
#戸外では安定した場所をさがして設置してるけど、倒れたら…の心配があります。



またコンパクトな時期主力アルコールバーナーを自作しようと思って

DVC00059.jpg

缶コーヒーを、中身ではなくアルミ缶が欲しくて購入・・・

ウコンの力よりは少し径が大きいので、やかんや鍋を置いた時に安定するだろうとの目論見です



で、あ~でもない こ~~でもないって 試行錯誤してみたけど



あははっは~~


着火から本燃焼までの時間短縮と、火力UPと、燃費と、安定感

結局満足のいく物はできませんでした~~ 失敗 失敗

これから、缶コーヒを飲む本数が増えそうです

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村

2012/11/06

山梨県白州 日向山(ひなたやま)

11/4日曜日 前日に続いて日帰りで山歩きに出かけて来ました
W800にかみさんとタンデムです

朝 5:30に家を出て、首都高速~中央道~須玉IC~
9:30登山口について登り始めます

DSC00737.jpg

頂上までは、約1時間半の予定です

DSC00739.jpg

登山ルートは、それほど森が深くないので(秋だからかも)ところどころ周りの景色が見えます。
丁度 富士山が林の間から見えました


DSC00743.jpg


DSC00746.jpg

ところどころ色づいてる木々を眺めながら、ゼーハー言いながら登っていると
林の中で動く物が・・・




「あっ リスがいる!」
「えっ どこどこ」
「ほら あそこの倒れてる木の上で、右の方向いて」
「え~ わかんないよ~(T_T)」

ちなみに 私は視力1.2 1.5 かみさんは0.3 0.7


不思議なことに、こちらを見かけてるはずなのに、リスは遠くへ逃げてゆきません
歩を進めてゆくと

「あっ また動いた、木の上を右につたって」
「ああ わかった 可愛い~~」
「会えて良かったね」
「うん クマは会いたくないけどね 長い尻尾があって可愛かったなぁ~」

DSC00749.jpg

11月だと言うのに、登っていると結構汗をかきます。
でもここまでくればもう頂上はすぐそばです

画像 018

画像 019

日向山頂上からの景色です
快晴です


DSC00760.jpg

DSC00761.jpg

それにしても、不思議な光景です。山の上に広がる砂浜です

DSC00768.jpg


砂の斜面を少し降りた見晴らしのよさそうな場所でランチにします

DSC00769.jpg

斜面の途中にちょっと座れそうなスペースがあって、そこから真横を見るとこんな景色です

DSC00771.jpg

真正面に八ヶ岳を見ながら

DSC00767.jpg

自作のアルコールストーブで湯を沸かして カップ麺とおむすび
そして食後にはダバダァ~とドリップコーヒーを飲んで過ごしました。

標高1600m位の場所ですが、陽射しが暖かくて・・・
お腹がいっぱいになったら二日続きの山歩きの疲れから眠たくなって

砂の上にごろんとなって、お昼寝タイムにしました。
まるで、浜辺みたいに・・・

15分程休んで(かみさん曰くイビキ掻いて寝てたそうです)目を開けてみると

画像 023

真っ青な空が広がっていました。

にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村


2012/11/05

榛名山の紅葉

11/3 かみさんと80歳になったおふくろも連れて、車で出かけて榛名山へ
DSC00706.jpg


登りはロープウェイです。

DSC00712.jpg

山頂からの景色は、遠くの山まで見渡せて爽快です

画像 004

下りは、ロープウェイを使わずに、歩きにチャレンジ!
おふくろには、大冒険になってしまいましたが・・・

DSC00718.jpg

木漏れ日の中、秋から冬へと景色を変えて行く森の中は、綺麗でした。

DSC00721.jpg

普通の人の3倍くらいの時間をかけて、榛名湖畔へたどり着きました。

DSC00725.jpg

真っ赤な紅葉のお出迎えです

DSC00726.jpg



画像 012


画像 014

真っ赤な紅葉は、本当に綺麗でした。


にほんブログ村 バイクブログへ ←ポチッとよろしくね
にほんブログ村