2012/08/31

足立陸運局でバイクの廃車手続

正式には、
関東運輸局東京運輸支局足立自動車検査登録事務所 (長いね~~)
で、エストレヤ(カワサキ250ccバイク)の廃車手続きに行ってきました

先ずは


ナンバーをはずすと、なんかちょっとさみしい気持です

廃車に必要な物は
ナンバープレート・軽自動車届出済証・印鑑の三点です
自賠責のステッカーがナンバープレートについてたら、はがして、自賠責の書類と一緒に保管しておきます。



言問橋から(ミラーに写ってるのはスカイツリーです)

どうでもいいことですが・・・
車で行ったんですが、結構行くまでが時間かかって、なんだかんだ着くまでに1時間以上かかりました

現地に10:15位に着いたら、もう駐車場がいっぱいでした、少々待って駐車して。

B棟に行きます
窓口で「バイクの廃車をしにきました」というと

「何ccですか?」「足立ナンバーですか?」
「250ccです」「足立です」 と答えます。(排気量などによって書類が違うらしい)

「ナンバーと登録証を出して」と指示され
ちょっと確認してナンバープレートは、ポイッと脇の段ボールへ

持ってきた登録証にハンコを押してもらい
軽自動車届出済証返納届
軽自動車届出済証返納証明書交付請求書
の2つの書類も渡されます。

「この書類持ってD棟に行って下さい、そちらに記入例とかありますから登録証の内容を書き写して出して下さい」

D棟に行って、渡された書類に記入して一旦提出
窓口でハンコの押し忘れや、「ここは同上って書いて、日付を記入して下さい」と教えてもらって、再生出
「ではA棟4番窓口にこの書類持って行って終わりです」

言われたとおりにA棟で書類にまたハンコもらって
「はい、これで終わりです、お疲れさまでした」

大体20分くらいで、手続きはすべて終わりました。
意外と簡単です。
あと、窓口の人はみんな親切でわかりやすく教えてくれるので、わからなかったらどんどん訊いちゃつた方がいいです。

これで後は、オークションでのエストレヤ落札を待つだけです。


  ←ポチッとよろしくね


2012/08/30

事務所のアイドル



ぴーちゃんお部屋掃除中にちょっと籠から外出



2012/08/29

あさりとコーンの和風パスタ



コーンをバターで炒めて、あさり缶詰投入 桃屋のとうがらし味フライドにんにく
塩を適当に「ほんだし」少々と香り付け程度に醤油かけて
パスタを盛り付けてから刻み海苔

簡単だけど美味しかったよ


  ←ポチッとよろしくね

2012/08/28

スタミナうどん


納豆と生玉子でパワーUP
トマトのリコピンも合わさって
夏バテ知らずランチじゃ~

きゅうりとみょうがは塩もみです。ちょっと味のアクセントになりました
あとはそのまんまの簡単メニューです

市販のそばつゆと、薬味にねぎのみじん切りをかけて完成です






2012/08/28

八王子発ツーリング

8/26のツーリングです
途中参加、途中離脱OKでしたので、延べ人数は6人フルに集合から解散までは2人のツーリングでした

東京で唯一の道の駅 八王子滝山で集合しで、まずは陣馬高原へ市内から峠道を走りながら高度を上げてゆくと、それにつれて気温が下がってきて気持ちいいです

和田峠を越えてから一旦20号を少しだけ走ってから、犬目宿へ
ツーリングマップルで茅葺の集落 って書いてあるところです


原風景って感じですね





景色は最高にいいですね、暮らすのは大変そうだけど・・・





茅葺屋根の家って、人が作った物なのに、自然の中でマッチしてますね。

犬目宿を過ぎてから、一旦再び20号に出て、鳥沢のコンビニで休憩
次に目指すのは、松姫峠です


9:45 松姫峠到着


ここもとっても涼しいです
山越しに富士山が見えました。

ここでちょこっと撮影会

トミさんのハーレー


さくらいさんの スカイウェイブ650


rokiのエストレヤ
ちっちゃくて可愛いよね~~

エストレヤ
 インジェクションで始動はいいし、高速道路も飛ばさなければそこそこ走れるし、峠道もギアチェンジ頻繁にしながら走るのも楽しいです。W800とか大型バイクだと駐車するのにためらうような所でも、軽いし足つきがいいので平気です。
シートも適度の柔らかさで、あまりお尻が痛くなったりしません。一般道中心の旅だったら、凄くいいバイクだと思います。
 でも、ドナドナ予定なんだよなぁ~


松姫峠を過ぎると小菅村に入ります
目的は小菅の湯物産館の前で、ばあちゃんが焼いてるヤマメの塩焼き


「おばちゃんのヤマメの塩焼きが食べたくて、また東京から来たよ~~」
「あら、うれしいねぇ~ じゃぁ大きいの焼いてあげるね~ 時間かかってもいいかい?」
「いいよ いいよ ここで待ち合わせの仲間もまだこれからくるし、ゆっくり焼いていいよ~」

待つ事15分位
「焼けたよ~」ってでてきたのが、これ!

いや~~うまし!
身から焼けた脂が滴り落ちて、手がギトギトになる位なのに、全然あっさりしてて、絶妙な塩加減で・・・

ビール飲みてぇ~~~

食べ終わった後おばちゃんが焼いてるヤマメを見ると・・・食べさせてくれたのに比べて2割位小振りで
おばちゃんのサービスに感謝!!!

「また、必ずおばちゃんのヤマメ食べに来るから、おばちゃん元気でね~」
「ありがとう 待ってるよ~」




このあと小菅の湯には入らずに、今川峠を越えて丹波山村へ向かいました

峠の頂上を少し過ぎた時、カーブを曲がると道のセンターラインに野猿がいました

目と目があって

猿は固まってます

少し速度を落とし目に左の路肩寄りをすり抜けようとすすみました
(そうすれば、反対車線側に逃げるだろうって思ったんです)

したら・・・ぎりぎりになってから 猿の奴俺の前を横切って左の藪へ逃げてゆきました・・・

あぶなく、猿とクラッシュするところでした。
動物は予測通りの動きをするとは限らないんですね。


峠を越えた丹波山村での目的は「のめこい湯」で温泉と昼食です。
少し硫黄臭のあるアルカリ泉で、肌がつるつるになる露天風呂で、バイク談義
昼食後は物産館で土産物を買ったりとのんびりします。

でも・・・ここも暑い

青梅街道を奥多摩湖方面へ向け出発
奥多摩周遊道路 本日最後の峠道です
月夜見PAで休憩です


ここまで登って来ると標高も1000M位で、涼しいです






見晴らしも良くて、気持ちいいです

軽トラで売りに来たおじさんの「かき氷」は売り切れでした

この後、檜原街道を五日市方面に進み
数馬の湯の駐車場で、ちょっとだけ休んでから、道の駅滝山へ戻るつもりでしたが
渋滞に巻き込まれました・・・

あきるのICを過ぎたあたりのコンビニで今回は解散となりました


暑い中、急な呼びかけなのに参加された皆さん、ありがとうございました。
また走りましょう。

エストレヤの燃費です
走行222.2km 給油6.71L 約リッター当たり33kmでした
渋滞に1時間位はまった割にはいいですね。さすが単発250です。

エストレヤとのいい思い出ができました。


  ←ポチッとよろしくね



 


2012/08/27

富士山が絶景の三ツ峠山

今朝起きたら、体がバリバリ  筋肉痛です
ストレッチしたり、クエン酸水作って(水1Lにクエン酸小さじ半分)飲んだりして、やっと普通になってきました。

8/25 河口湖の少し北、頂上からは富士山が絶景ビューの三ツ峠山にかみさんと登って来ました。
W800を登山口近くの駐車場において


9:40AM 登りだしました 快晴です

ここの登山ルートは林の中を歩く感じで、だいたいは日差しもさえぎられて涼しいです。




可愛い花が所々咲いています



御巣たか山は、飛行機墜落事件の山と同じ名前ですが、別の山です
この分岐を三ツ峠山頂へ


三ツ峠山荘

山荘脇のテラスからも、綺麗な景色が







さあ、もうひと頑張り



さっきの山荘がもう見下ろす位置に


山頂付近にはNHKや民放の施設がありました。
景色としては、ちょっと興ざめですが、ここまで物資はこんで建てるのも大変だなぁ~と思いました


11:10AM 登頂 (^O^)/

では、山頂からのパノラマを










山頂でランチにしたかったんですが、ちょっと狭くて、他の登山客も多かったので、すこし下った所
テラス状の場所を発見



なかなかのビューポイントですが、日差しが熱かった~
では、景色で涼しくなりましょう







このポットの60cm位先は崖になってて・・
高所恐怖症で気の弱い人は、見ない方がいいかも・・・












「あぶないから、やめて~~ もうちょっとこっちに来て」と言われながら
ちょっとだけ身を乗り出して、写真を撮ってみました。


涼しくなりました?



  ←ポチッとよろしくね


2012/08/26

小菅の湯で


ヤマメでかいよ脂が乗ってて旨いよ
2012/08/25

三つ峠山頂


富士山が綺麗
2012/08/24

サラダそば

今日の昼ごはん



トマトと大根を細かく刻んで、ボウルに入れ
塩少々と塩コンブ少々入れて
レモン1/2しぼり汁
混ぜてから、冷蔵庫で少し寝かせます

好みの野菜と一緒に盛り付けておしまい
そばつゆ控えめにかけて、お好みでマヨもありです。

野菜を多めにすれば、そばを少なくできるので、ローカロリーですよ~
ダイエットの味方です



レモン入れたの書き忘れてたんで一部修正しました
2012/08/24

八王子発ツーリング8/26




突然の企画ですが、エストレヤとお別れする前に、ツーリングに出かけようと思いまして・・・

峠いっぱいの、私がいつもよく走るルートです。
もちろんエストレヤで行きますのでトコトコツーリングですが、それでもいいよ~って人で、都合のあう人は、気軽に参加して下さい。

8月26日(日曜日)7:00AM集合
道の駅 八王子滝山

陣馬高原 犬目宿 大月 松姫峠 小菅村(ヤマメの塩焼き食べよう) 丹波山村(のめこい湯で温泉浸かってランチ)
奥多摩周遊道路 檜原村 八王子滝山解散

ざっとこんなルートです。
予定ルートが 気まぐれとか道に迷ったり で変わる事もあります
途中参加、途中離脱OKです。
参加できそうな人は、参加表明してね。


  ←ポチッとよろしくね




2012/08/23

エストレヤ出品

ど~しても オフバイクが欲しくなってしまい・・・
エストレヤをヤフオクに出すことにしました。





やっぱW800とキャラかぶるし
林道を走りたくなって・・・

でも、でも、エストレヤはとってもいいバイクです。
軽いし、足つきいいし、ぴかぴかだし、始動性いいし
250ccの単気筒でレトロバイクの中では今も一番好きです。

シェルパを手放した時には、もうオフロードは卒業しようって思ってたけど
やっぱ山道は楽しかったもんなぁ~
自分の過去ブログや、他の方のページで、林道のレポとか見てたら、
やっぱ行きたくなって

林病だぁ~ (さんずい無い所に注目してね)
注意:オフロードバイク欲しい病とも言う
感染力強いので注意してね~(笑)

どなたかエストレヤ大事に乗ってくれる人、買って~~




2012/08/22

TOURING SEROW

ヤマハは最近面白いですね

トリッカーのTYSセット面白いなぁ~とか思ってたけど
こんどはツーリングセロー

スクリーン ハンドルガード エンジンガード ごついリヤキャリア

物欲めちゃめちゃ刺激されるんだけど・・・
このキャリアならカブ並みの積載が可能かもなぁ~

個人的な意見ですが 陵駆の発売は、これでなしでしょうね。


詳しくはヤマハさんのHPを見てね


  ←ポチッとよろしくね


エストはお嫁に・・・だなぁ~

2012/08/22

水の塔山へ

8/16 別所温泉観光ホテルでお腹いっぱい朝ごはんを食べて
高峰高原を目指します
この辺まで来て、高速使うのはもったいないので、一般道で・・・

10:00頃 高峰高原ビジターセンター駐車場に到着


もうすでにそこそこの標高で涼しいはず・・・なんですが日差しが暑くて歩くと汗ばみます

高峰温泉(ランプの宿で有名)の前の水の塔山登山口から登り始めます。

林の中を抜けて クマザサの藪を越えると


もう素敵な風景が


この先は岩場になってます

頂上って見えててもあるんですよね~



気温は下がってきてますが、日差しをさえぎる物が無くて ふ~~ふぅ~~









高山植物の花々が癒してくれます



八ヶ岳連峰も見えて来ました







あと一息ですかね

でもここからが


なかなかハードに


安全な方のルートを、黄色いペンキで印してくれてます


富士山発見!
肉眼ではすぐ見つかったけど・・・写真だとわかりづらいですね

ちょっとズームイン!


ちらっと・・・ですが、他の山山とあきらかに違う稜線が特徴的ですね。



11:40登頂!









しばらく頂上にいると・・・
さ・・・寒い・・・
下では考えられないですが、さすがに山の上です。

頂上はスペースも狭かったので、今回はコーヒーブレイクはなしで下山しました。

下山しながら、「お昼ごはんどうする?この辺で食べてもいいし、ちょっと我慢して、峠の釜めしって手もあるけど」

「釜めしひさしぶりだから、そっち」

ってことで



上信越道、横川SAにて14:30にランチ
杏がいいアクセントです。付合せの漬物の中の山葵漬もgood!

このあと、お約束の大渋滞に巻き込まれながらの家路へつきました。


 ←ポチッとよろしくね

それにしても、今の時期 花園IC付近の暑さは、バイク乗りにはこたえました。
脱水&頭ぼ~~~っとなるので注意ですね。

2012/08/21

国宝 大法寺三重塔

8/15 すったもんだがあったあと
別所温泉の近く 道の駅あおき でランチ

自分は 天ぷらそば


かみさんはサラダそばと薬味ごはん

「まだ旅館に行くには、ちょっと早いねぇ~」ってことで 地元の観光案内を
で、「国宝三重塔 これ行ってみよう~」 ってことになりました。

本殿脇には

立派な木が

三重塔に向かう道には





やさしいお顔の お地蔵様



その先には羅漢像がいっぱい



酒飲みには親しみがわきます



この右のおっさんも飲んでますね


なんの相談してるのかな



いや~失敗失敗 しくじってしもうたぁ~~

むむむ 思慮が足らんのう

こんな感じでしょうか?
羅漢様は色んな表情があって親しみがわきます



三重塔正面です



何百年の時を刻んでる建築物って・・・良く壊れずに建ってるなぁ~
素人なので、国宝を前にしても、よくわからず
解説書を読んでも ふ~~ん
わかる人には、わかるんでしょうね。

そうこうして1日目のタンデムツーは、終了
無事別所温泉観光ホテルにつきました。

あっ 温泉では、写真撮ってなかった・・・
硫黄臭がちょっとあって、弱アルカリの泉質で、気持ちよかったです。
露天風呂から見た、翌日の朝焼けが素晴らしかったけど、写真ありません。
料理も美味しかったです


翌日は、今回もハードに・・・




2012/08/21

すったもんだの1日

8/14
前日の山歩きでちょっと筋肉痛・・・
こんな時はと、朝からジムへ

動かした方が、早く痛く無くなるよね・・・でもシッカリ疲れて
午後は家でごろごろゲームして遊んでました。

夕食後かみさんに
「あした、どっかいこうよ~、できれば泊りでちょっと遠くに、天気も持ちそうだからバイクで・・・」

そう 何も決めてなかったんです

「そうね~~ ねぇ~泊りで出かけちゃっていい?」って娘に聞いてます
「いいんじゃん、行っといで~~」

で、夜の9時過ぎに、明日の宿探し・・・お盆休み期間だからでしょうか旅館がなかなか見つからない
だって、折角行くんなら、景色がいい方が~とか源泉かけ流しが~涼しくなくちゃ~とか
#だったら、もっと前もって計画しろ~~!!!

で、諸条件を長野県の別所温泉がクリヤしてくれて、決定!

例によって無計画な計画で出発です
1日目は山歩きできたらいいなぁ~と小諸IC近くの山に・・・のつもりが

松井田妙技IC辺りから、雨が!!!
「どうする、橋の下かなんかで、合羽着る?」
「次のSAまであとどんくらい?」
「10分位かな~ 我慢しようか、路肩はあぶないし~」
「そうね あぶないよね」

でも、雨足はだんだん強くなって、横川SAに着いた頃にはずぶ濡れに・・・
SAで休んでると、次々にずぶぬれライダーがやってきます。

茶しばきながら、自然乾燥タイム・・・
「この分じゃ、今日は山はだめだね どうしよ~」
「松本城なんてどう?」
「そうだね~ 屋根のある所かな・・・」

そんなこんなで、合羽を着て再出発
碓氷軽井沢ICまでは、しっかり雨降ってて
碓氷トンネルを抜けたら・・・

ピー カァ~~ン と ぎらぎら太陽が・・・
「あぢ~~~ なんだこの天気」
「う うそみたいね・・・」
佐久平PAで、合羽を脱ぎます
ここでも、後から来たライダーがつぎつぎと合羽を脱いでました

でも、山の上の方はしっかり雲がかかってて
松本に向けて高速を走って行きます

「こんなんだったら、関越じゃなくて、中央道経由でよかったね~」なんて言いながら

姥捨(おばすて)SAで休憩
「このへん、おばあさんいっぱい捨てられたのかしら」
「山ばっかだし、冬は雪で閉ざされて、武田と上杉の争ってる地域だし、食えなかったんだろうね~悲しい話しだよなぁ~」

ちらっとだけ、昔に思いを馳せてから、現実に・・・
ガイドブックをぺらぺらとチェック
「松本城より、いっぱい走りまわってなんてどう?」
「まかせる」
「東の方は雨っぽい雲がかかってて、西の方はピーカン」
「ちょいとこの西だと・・・あったあった『聖高原』! いってみよ~」

ってことで、またもルート変更
麻績(おみ)ICで高速を降りて高原へ気持ちよくワインディングを・・・
「おい ちょっと体重移動のタイミングがが早いよ~ 俺の意思より先にバイクが曲りだしてるし・・・」
「うふふ・・・」
「わざと???」
「・・・・・・」

高原で風を切って走ると涼しいです、
「気持ちいい~ 最高~」
どこも休憩せずに走り回ります
したら・・・ガス欠ランプが点滅開始

ナビで最寄りのGS探そうと、駐車スペースを見つけて停車
先客の車が1台止ってました
二人ともバイクから下りないまま検索
うんと・・・最寄り検索は~ え~~っと・・・ なんてやってたら

「なんだ!この野郎馬鹿野郎!○×△□・・・」
先客さんが、携帯に向かって大声で怒鳴り始めました

なんか携帯で誰かと喧嘩してるのかなぁ~~なんて思いながら
あ~でもないし こ~でもないし
なんてナビをいじくってました
「あの人ヤバくない?」

ナビから目を話して、チラッと見ると
相変わらずなんか携帯相手に向かって怒鳴ってます
が・・・目線はこっちに!!!!!!
「ヤバイなぁ いっちゃってるなぁ~」
「陽気のせい」
「奴のテリトリーに入っちゃったのが間違いってか・・・なんもしてないのに」

でもこっちに向かってやってくる様子はありません
たぶんですが 携帯の相手はいない感じで
なんかのカムフラージュのつもりで携帯に話してる風を装ってるみたい

「いいから、もう行こうよ」
「あきらかに、こっちに向かって怒ってるよなぁ。なんで~~」
「いこうよ~」
真っ赤な顔して、目は三角に、目線は真っすぐこっちで、叫ぶような怒号・・・
だけど、携帯相手にしゃべってるふり、そして一歩も近づいてはこない

「あと少し、やっとわかった!」
あせると・・・すんなりいかないですね。
時間ぎりぎりの脱出ゲームをやってる気分でした

「よし!OK!」
慌てて出発!
「ふ~~~ 怖かった」
「暑くていっちゃったのかな~」
「変なのがいるね~」

町へ降りて給油後、一般道ルートで今日の宿を目指します
「もしかして、さっき通った道 また走ってる?」
「う うん」
「やだ~~ またあの変なおじさんが居る所通るの~ 別の道行こうよ~」
「だいじょうぶだよ 通過するだけだから」
「やだなぁ~~」

「あ いたいた」
「よっぽど あそこが好きなんだね」
「昼寝のじゃまされて、怒ったのかなぁ~」
「わけわかんね~」
と何事も無く 無事通過しました。

この後、別所温泉の近くを観光に つづく~



2012/08/20

奇景 日向山(ひなたやま)

8/13 W800でハイキングに出かけました。
7時頃家を出たので、思いっきり渋滞の中でしたが、バイクですので まぁなんとか行けるかなぁ~と

山梨の尾白川渓谷の近く、日向山(ひなたやま)が目的地です

11:40AM 登頂開始




林の中を歩いて行きます。
風が冷たくて、気持ちいいけど、
登りですので、すぐに ぜ~は~ 汗だくに



13:15登頂 (^O^)/
1時間35分で登れました。

この時期ですので「もっと標高の高い山の方が涼しいかなぁ~」って思ったんですが
ガイドブックで見た景色がとっても気になって、自分の目で確かめたくてやって来ました。



ここまで登って来る登山道は、他とさほど変わった気はしなかったんですが、開けた頂上の景色だけが別世界でした。





頂上に出た途端に「うわ~~ すげ~~~」って声が出ました


頂上は、不思議と砂で覆われてて

振り返ってみると


この写真だけ見たら
砂丘とか、海岸みたいですよね

そして

まるで流木のように、朽ちた木

砂の崖を伝うように見晴らしのよさそうな方へ行きました

砂の崖を見下ろすと、ちょっと足がすくみ 怖っ



かなりの傾斜角度なんですが・・・写真だとわかりづらいですね。

遠くの見晴らしも素晴らしいです


だけど、何と言っても、圧巻は






自然・・・って 凄いなぁ~~~



で、お約束の

かップ麺 と おむすび


それから


ダバダ~ と コーヒータイム

そうこうしてたら雲行きがだんだん


下山始めてすぐに 小さな子の手を引いた親子に会いました

「ぼく いくつ?」って聞いてみたら
お父さんが「3歳です」って
すげ~~~ こんな小さい子が山にって 「ぼく、頑張ってね~~」
それにしても、スパルタな・・・と思って親子をパスして先に進みました

3歳っていったら、普通に買い物とか観光で連れて歩いても
すぐに疲れたとか、だだこねて、ダッコだの、おんぶだの言って
しまいには泣いたりして、めんどくさ~いまだまだ赤ちゃんですよね~

有る意味、凄いなぁ~、こういう風にすれば3歳でもそれなりに・・・って考えながら歩いていると
またびっくり!!!

小柄な女性の背負子に1~2歳の子供 脇には5歳くらいの男の子
「もしかして、後ろの親子は旦那さんとお子さんですか?」
「そうですよ」
「お母さんがお子さん背中にしょって山歩きって凄いですね~」
「泣きごと言ってもしょうがないですから」

う~ん どう捉えたらいいのか・・・
イヤだったら、絶対こんなことしないよなぁ~
好きだけど・・・つらい・・・だけど耐える これだろうなぁ~

「泣きごといってもしょうがない」
きっと真ん中の3歳の子もこれを理解しているんでしょうね。

そうこうして6/10位まで降りてきたら、雨が降り出しました
山の上で見た雲がついに・・・ですね

でも天気予報は曇りだったのに・・・

山の天気は仕方ないですね。

でも、林の中なので、雨音は ざ~~~ って聞こえますが、それほど濡れません
駐車場においたバイクがずぶ濡れになってないか気にしながら降りて来ました

無事下山して・・・
バイクを置いた場所も林の中だったので、それほどバイクも濡れてません
山から下りたばかりだと、少し膝がガクガクブルブル
なので、すぐには走りださずに20分位休憩してから合羽を着こみ、帰路へ

山の中の道では、すこし霧雨が残ってましたが、気になる程の雨ではなくて
市街地に降りた頃には、曇りになってました。

合羽着なくても良かったかな・・・

合羽を脱ぐタイミングは難しいですね、また降られるんじゃないかと思って
結局双葉SAまでがまんしてから、着替えました。
そして、お約束の渋滞とつきあってから、無事帰着

なんだかんだと、色々あって面白い一日でした


  ←ポチッとよろしくね

2012/08/16

水の塔山


遠く富士山も見えます
快晴で気持ちいい
2012/08/10

もっと牛乳飲んどきゃよかった


CRF250L
重たいとか、本格的にオフでは、とか色々言われてますが、
自分の場合よく考えてみると、ダート林道を走ってる時よりそこまでの往復がかなりのボリュームです

楽しいのは林道、苦痛は往復
楽しい方を伸ばすか、苦痛を和らげるかですね

まぁごちゃごちゃ言っても仕方ないので、物は試しで乗ってみようと思って出かけて来ました

ただ、問題は足つきです。背が低い上に、足が短いの二重苦でなんとかなるのか???

心配しつつバイク屋さんで
「すみません・・・CRF250L 跨ってみたいんですけど~~~ 
ちょっとシート高っていうか足つきが不安でで・・・
で、大丈夫そうだったら、試乗をしたいんですが・・・」

かくして
「バイク出しましたから、どうぞ跨ってみて下さい」

おお~~ 高いなぁ~
普通に座ると、両足ぶら~~ん

で、スタンドをっと・・・・・・
スタンドを・・・・・・ 払えないよ~(T_T)

ちょいおしりずらし~~の、右足つま先で立って、バイク支えて、左足でスタンド払う
の予定が・・・ それでもツライ(T_T)

あ あぶねぇ~ これは、信号待ちの度に生きた心地がしないぞ~~

「すみません、無理でしたぁ~~~ ありがとうございました」
と退散してきました

CRF250L 875mmのシート高、見晴らしはいいけど、短足にはハードルが高かったです。
ローダウンキットもあるようですけど候補からは削除しました。

DトラッカーX 860mmは、ぎりぎり何とかなったんだけどなぁ~

子供の時にもっと牛乳飲んどきゃよかった・・・



そうそう 新型のカブ 現物を見ました
シートの高いバイクの後に見たからでしょうが、とっても可愛く感じました
カブって感じが、なくなってしまいましたね。だからカブ好きの人からは評判がイマイチなんでしょうね。

でも自分は、これはこれでアリだなぁ~
セル付で、インジェクションで始動は問題ないし、フロントフォークテレスコになったし
4速でウインカースイッチが左側に
カブ90持ってたときの ・・・だったらいいなぁ~ が大体クリアされてる
ひと世代前の丸目の方がカブらしかったけど、
値段も少し安くなったから イイね!

どのカラーがいいかなぁ~とか、カスタムどうしようか・・・なんて考えてたら
1台手元に欲しいなぁ~っ 


うっ やばいやばい 物欲鎮めなきゃ  帰ろ~~



  ←ポチッとよろしくね

2012/08/08

豪華海鮮 御殿場「魚啓」

噂の店 御殿場「魚啓」さんに仲間6人で11:00少し前に到着
我々以外にも、開店を待つ人が数人・・・やはり人気店なんですね



前回来た時にちょっと食べきるのが苦しかった海鮮丼

今回は朝飯抜きで来たので、極上海鮮丼(2100円)を注文しました



これ、凄くおいしいです。一品一品の魚の鮮度がよくて、その上たっぷりと刺身が



丼と同サイズの椀にアサリの味噌汁

いや~~ 美味しいです。

でも驚くのはこれじゃぁなくて・・・このチラッと右上に写ってるヤツ




座布団サイズ? これで1人前ですが・・・ 6人でつまんで、半分しか食べきれませんでした

だって・・・これ




2枚重ねなんですもん。

みんなで、激闘しましたが、1枚たべるだけであえなくチャレンジ終了 ギブアップ

もう一枚は、お持ち帰りとなりました。


もうこのでかさは

笑うしかありません (残ってしまった2枚目です)

これまでに2名の方が、完食されたそうです。すげー

前回来た時に、離れてる席で注文してる方がいて、チラッと見たけど
目の前に出されたら、この迫力はすごいです

友人たちの反応は、
まず驚くを通り越して
「あはははは~」と笑いがきて
つぎに
「何だこれ~~~」
それから
一箸してから、また笑う(^o^)丿
周囲のお客さんも写真を撮りにきて、わんやわんやでした。

あ そうそう、このかきあげ 美味しいんです。
こんなにデカイのに、あまり油っこくなくて、ギトギトしてません
カリッとサクッと揚がってて、食べやすいです
お店も開けたての時間だったんで、油も新しかったのかもしれませんがね

が、さすがにこの量です、注文する時は大勢で行って下さいね。

魚啓 (うおけい)
TEL 0550-88-0081
住所 静岡県御殿場市印野1648
営業時間
11:00~14:00(L.O)
16:00~20:30(L.O)
ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日(祝日の場合営業)



  ←ポチッとよろしくね


2012/08/07

河口湖で宴会

石割山を下山してから、河口湖に向かいました。
この日のメインは、登山じゃなくて高校の部活の仲間が30数年ぶりに集まって泊りがけで飲もうって強化合宿です

集合予定がチェックインの3:00PMだったんですが、多少渋滞に巻き込まれながらも12時頃には、河口湖周辺に

湖の回りをヒマつぶしで走ってると、道の駅によさげな芝生ゾーンが

で・・・

木陰でお昼ねとなりました・・・

気温があがってきて、日なたは暑かったけど、木陰は涼しくて気持ちいいです
朝3:00起きと山登りの疲れもあって、気持ちよく zzzzzz



1時間ほど寝てたら・・・


バカップルが


おれの頭のすぐ上で、ビニールシート敷いて いちゃついてる


Nooooooo!!!


寝起きはわりといい方な自分ですが、ちょっとイラッとした目覚めでした


まったく!よそいってやれ~~


でもまぁ 時間もそろそろだったんで、即撤収して



12人用のコテージです


みんなとの再会の挨拶もそこそこに買出し部隊として出動して

焼き肉のタレ rokiバージョン 作って
肉団子作って

鍋 & BBQ に突入しました
酒酒 たまにオリンピックで、ワイワイと・・・

11時頃から、一人二人と、沈没して行き
自分も12時頃には、意識が黄泉の世界へ

#会話の中身は危険過ぎて・・・記憶の中にだけとどめておきます

翌朝、目覚めたら、コテージの外にはくっきりと富士山が全貌を現してました

6:00AM頃です

折角の景色なんですが、起きたのは半分くらい
「もう少し寝かせてくれ~~」って


8:00AM
もう雲がこんなに出て来て、9:30頃には、すっぽり覆われてしまいました。

昔の仲間と男ばかりで、おおいに楽しんだ一晩でした

宿をチェックアウト後、昼飯をどこかでって事になり
先日「きよこさん」「NBRさん」「グリーンモンスターさん」と行った御殿場の「魚啓」さんの話をしたら
行ってみようってことになりました。

次回 「かきあげ」との激闘につづく


  ←ポチッとよろしくね
2012/08/06

石割山~平尾山

遊びに行くときは、この歳でもワクワク興奮します。

朝5:30位に出発予定だったんですが、3時頃一旦目が覚めたら、眠れません
布団の中であれこれ考えてても仕方ないので、3時半に起床。
ちょっと早目にスタートすることにしました。

あれこれと身支度に手間取って、結局出発したのは4:20AMでした
途中石川SAで朝食に蕎麦を食べて、相模湖東ICで降りて道志道で山中湖を目指します
さすがにこの時間だと、全く渋滞は関係なくスムーズに走っていけます。

道志道では、かっとばしてく4輪やバイクに道を譲りながら、遅い車には道を譲ってもらいとマイペースでワインディングロードを走って行きます。
途中の路肩の温度表示は25度 22度 18度 と山中湖に近くなるほど標高と共に下がって行きます

「さ 寒い・・・」久しぶりにバイクに乗ってて寒さを感じました

途中コンビニで、おむすびとカップ麺を買って7:00AM登山口に到着です

これなら期待できますよね。


マイバイク W800も朝日を浴びて光ってます。
(ちなみにこの写真大きさ以外無加工です)



この鳥居がスタート地点
鳥居の先には


403段ですと・・・


途中まで登ってもまだまだ先は長い・・・
50段位ごとに休憩して、息を整えて行きます


7:43 石割神社到着
御神体の巨石です


人ひとり、横になってやっと通れる割れ目があって
それが石割の由来だそう

神社を後にして、石割山の山頂を目指すと今度はちょっとワイルドなコースに変わります



急傾斜で、ロープを掴んでよじ登ったり


藪の中の障害越え

息も上がりますが、アスレチックみたいでちょっと(^O^)/


8:10登頂
凄い汗じみ・・・ でもここは爽快です

だって

富士山と山中湖が一度に見れて
こんなに近い

でも


どんどん雲が湧いて来て


15分後には雲で隠れちゃいました

ここからそのまま元来た道を下山する予定だったんですが、山頂でお会いした方から
私の真後ろに見える小高い山
平尾山経由で降りても プラス30分程度とのことでした。

こういうときは、「人の言う事を聞くもんだ」と思いますので
平尾山けいゆのルートへ



滑りそうな急傾斜
パックリ開いたクレバス状のわだちなど、またまたちょこっとアトラクションを楽しんでると

可愛い釣鐘状の花が咲いてました。

そうこうして9:00AM登頂

セルフタイマーで撮影
馬鹿ですね~ ちらっと富士山 自分でかくして・・・

「この日は富士山はもう雲の中で無理だ」って思いこんでました

ちょっと引きの写真だとこんな感じだったので

山頂まで綺麗に見れたらいいでしょうね~



平尾山山頂で ホーホケキョ

まだ若いのかな、あまり上手に鳴いてませんでしたが
鳥の声をBGMにちょっと早めのランチタイムです


自作のアルコールストーブで湯をわかして・・・

湯を

これが事件で・・・

湯が湧いてくると何やらオレンジフレーバーが

確認の為にペットボトルを見ると「オレンジフレーバー」の文字が・・・

別に自宅から持参した水も有ったんですが、残りの燃料のアルコールと下山中の水分も考えて
「オレンジ風味のカップヌードルも、もしかしたら悪くないカモ・・・」
と かすかな可能性にチャレンジしました



チャレンジしなきゃよかったです



で、改めて、コーヒー用はちゃんとしたお湯で

ダバダァ~
あたりまえですが、違いのわかる男に
ミネラルウォーターとオレンジ風味の水の違いがよくわかりました



下山途中小川に出られる所があって


水は冷たいです
顔を洗ったり、タオルを濡らしたり

次に来る時は、この川の水でランチってのもいいなぁ~

10:45 無事下山完了


長~~い 一日の序章終了
この時間で、もうたっぷり一日遊んだ気分でした。


  ←ポチッとよろしくね



2012/08/05

おはよう富士山





富士山はやっぱいいです
2012/08/04

河口湖


芝生でごろ寝
2012/08/01

週末は強化合宿に

週末は強化合宿です。

なんと・・・30数年ぶりに高校部活の先輩後輩と・・・
河口湖のコテージ借りて おっさん10人位で

何の強化? 多分胃腸とアルコールへの対応力かな???

ラジオ体操とか、早朝マラソンとかは・・・たぶんしないと思います。


自分はW800の足慣らしで、バイクで行こうと思ってます。
ニュータイヤ皮むきしないとね~

集合は土曜日の3時頃現地

自分は朝から、うだうだ時間調整ももったいないから、
早起きして午前中河口湖周辺の石割山に登ってこようかと思ってます
誰かつき合う人いないかなぁ~

運が良ければ

(写真はWEBより拝借:今の時期雪は被ってません)

こんな景色を見ながらコーヒーをダバダァ~

私はちょっとあまのじゃくなんで、富士山には登りたいと思いません。
富士山がきれいに見れる所に登りたいって思う人なんです。


山から下りたあとは、旧友たちとの宴会に突入します。
さて、どっちがハードかなぁ~