2009/06/29

夜叉神峠

6/27 ER6fで涼しい所を目指して走ってきました。




中央道の釈迦堂PAで休憩してると、釈迦堂遺跡博物館の案内がありました。
PAに面白い施設があるなぁ~と 行ってみました。

PAから一旦表に出る形になります。
小さな通りを挟んですぐの所で、博物館からはPAが目の前に見降ろせます。



縄文土器結構大きいものもありました。



カケラを集めて修復 大変ですね~~
私はジグソーパズル苦手ですので、こうした作業をする人は偉いなぁ~~って思います




甲府昭和ICで高速をおりて、南アルプス市の夜叉神峠へ
夜叉神トンネルの手前で一般車は通年通行止めです。



さあ ここからはハイキング

登りはじめて10分位で ぜ~は~

心臓バクバク

あっという間にTシャツびっしょりです。

「ひざのリハビリに」ってやってきたけど・・・やめようかなぁ~~

早速引き返すことを考えだします。

5分位休憩してから、気を取り直して登ります。


少しくらい平らなとこないのかなぁ~~ず~~~っと登りです








登り始めて20分位 2度目の休憩






次に歩き出すと、さっきまでほどは きつく感じません

ひと汗かいて、少し体がかるくなるのかなぁ~~








約1時間で夜叉神峠到着!

確かに下界とは比べ物にならない涼しさ & 絶景

だけどもだけど・・・私は汗だく・・・なんだかなぁ~~



この場所で飲むのは当然、南アルプス天然水!だよね!


それにしても、バイクウェアは、重いし。皮パンは歩きにくかった~~




山がきれいですね~~

お腹がでてますねぇ~~




下りは写真とる余裕もありました。

木々の間を抜けてくる風は、とても気持ちいいです。

でも下りの方がびざに負担がかかります。

ひざがプルプルしてくるので、転ばないようビビリながら下りてきました。






温泉に浸かって、体力回復してから家路に。

こんだけ汗かいたから~~

家についてシャワー浴びた後

ウェイト -2kg
体脂肪率 -3%

しばらくすると
買い物から奥さんが帰ってきて「今日は子どもたち みんな出かけて 二人だけだよ」

「じゃぁ、外出かけるか」ってことで

焼鳥屋さんで二人で乾杯!!!





翌朝は、体重も体脂肪も元通りに・・・やっぱね。



ER6f 今回燃費 26km/リッター 走行380kmでした。
2009/06/22

国道1号線 島田~浜松

6/20去年中断した国道1号線。ちょっとだけ先へ・・・

といっても、今回はBlogつながりの「亜樹」さんとのツーで、東海道からはちょっと離れてより道道中です。

吉田ICを出てすぐのローソンで待ち合わせ。
9:30に着いたら、すでに亜樹さんは既に到着していました。

既にここまで来るのに約200km走ってきたので、ちょいとゆっくり休憩しながらバイク談義



吉田ICから新しく出来た静岡空港のバイパスを使って行きます。

牧の原あたりでは、茶畑が広がっていて「さすが静岡」ってかんじです。


お茶の葉を蒸す香りも漂ってきて、なごみます


お茶の香りが消えると、今度は磯の香が感じられます。


御前崎へと今度は海沿いのルートです




静岡県最南端なんですね。




磯遊びの人が結構いました。
暑かったんで、ちょっとうらやましい



御前崎灯台
この付近ですよね、台風がやってきた時に、
アナウンサーが飛ばされそうなのを必死に中継ってやるのは

御前崎を後にしてから
浜松に向かって海沿いの道を行き、途中から国道1号です



目的は、もちろんうなぎ屋さん
「鰻昇亭」さんです




「竹」2700円也 を注文しました。

一般的に「竹」が一番出るって聞いたことがあります。

「松」はやっぱちょっと贅沢だし、特別のときかな
「梅」は折角ここまではるばる来たんだから、もう一つ上のランクを・・・

十分満足しました。うなぎは柔らかくて、味もしっかり。

ごはんにかかってるタレも、多すぎず、少なすぎず、丁度いい。

はるばる来た甲斐がありました。



食後にやってきたのが、中田島砂丘です




砂浜のちょいと広めかなぁ~~っとタカをくくってたら、これがだだっぴろい

砂の上は、歩きにくくて、お天道様もほぼ真上の時間
「食後の運動には、ちときつい」

もう 汗ダクダク・・・

「しっかりしろ!がんばれ!あの丘を越えたらきっと水があるはず・・・」


駿河湾だぁ~~~









浜名湖で2台並べて・・・



ここでおいしい鰻やしじみ貝が育つんですね。


この後浜名湖西ICから東名に乗って帰路につきました。

今回は亜樹さんのおかげで、楽しいツーができました。

途中のSAでまたの再会を約束して・・・

彼は静岡ICで降りて、そこからはソロです。

横浜町田付近で渋滞・・・
すり抜けでなんとかクリヤー

首都高速渋谷で事故渋滞・・・
用賀で降りて一般道へ・・・で・・・下道も混んでて・・・う回路を探して・・・
「おいおいナビ。どこ連れてくんだよ~~~。」狭い商店街の中抜ける道が混んでます
やっと抜けたら、また・・・やっぱ混んでたぁ~~

へろへろになって8時頃家に着きました。

風呂上りに体重計乗ったら、5%体脂肪率が減ってました。
もちろん速攻でアルコール類にて回復につとめました。

走行:588㎞
平均燃費:28km/リッター

日曜は筋肉痛で、家でおとなしくしてました。
2009/06/16

国道1号線 西へ

さて、今度の土曜日は・・・

国道1号線(東海道)をもう少し 日帰りで 行ってみよ~~

去年ですが、トンガラシ君(スーパーシェルパ)で

1回目 日本橋~小田原 2回目 小田原~沼津 3回目 沼津~島田を走ってます。

今回は4回目 島田宿から国道1号線を西へです。ここからはER6fで繋いで行きます。

トンガラシ君はフットワークがいいけど、やっぱ高速道路ありのロングはきついですからね。

東名高速で吉田ICまで行ってから一般道を通って行きます。

予定として決めてるのは浜名湖あたりで「うなぎ」で昼ごはんのみで、あとは行きあたりばったりです。

吉田ICは9:30~10:00頃通過予定です。

差し入れ、応援、ドタ参 歓迎しま~~す

うなぎの美味しい店 誰か教えて~~

その他、この辺の見所情報などありましたら教えてください。

2009/06/15

房総ツーリング2



問題です
さあ、上の写真は何を写したんでしょう。





大山棚田を見てから、次の目的地、道の駅とみうらです




道の駅 駐車場は、車やバイクでいっぱいでした。
さすがに枇杷の時期ですね。



枇杷ソフト
これが食べたくてここに来たようなもんです。
もちろん「おいひい~~」
枇杷の実が入ってて250円はとってもお得感があります



枇杷倶楽部
ここで、お土産に枇杷3Lサイズを買いました。

ツーリングは、一応ここで流れ解散となりました。

夕方までに返らないと・・・とか。
高速は基本的に乗らない主義・・・とか。

で、途中までねってボルティさんと2台で・・・

海岸沿いの道を走ってると、ボルティさんが岬の方を指さします。

交差点で横に並ぶと・・・

「行ってみない?行ったことある?」

「行ったことあるけど・・・いいですよ付き合います」

ってことで・・・



東京湾観音です。 そう1枚目の問題の写真は真下から撮った写真でした。

ボルティさんは、胎内めぐりに20階まで・・・

私はヒザの傷が、まだ完全には癒えてないんで下で交通安全のお札を買ってお留守番です

このあと、木更津でボルテイさんと別れて、アクアライン経由で帰ることにしました。





ちょっと日が傾きかけてきた時間帯に、海ほたるで休憩

右の方遠くにぼんやり写っているのが「風の塔」です




この景色が好きです。

海がキラキラ輝いてます。

波で色々変化します。

貨物船や魚船がゆっくりと動いてます

すべての制約から解放されて、ぼけ~~~っと遠くを見ていると、心が楽になってく気がします

しばらく海をみながら 何も考えない時間を過ごして 家路につきました。
2009/06/14

房総ツーリング

6/13 房総ツーリングのレポです。





今回は計7台と私の企画としては大所帯?です
久留里の名水 雨城庵の井戸 で休憩です

ハーレー 2台
ホーネット 2台
BMW 1台
ボルディ 1台
ER6f 1台



養老渓谷を通過して、安房小湊へ
ランチは「かしわくら」さんです



店の中はこんな感じです



今回のメンツ
途中の峠で「じゃりっ」っていったー「怖かった~~」
「新緑がきれいだった」
「走ってて楽しいルートで気持ちよかった」
などなど色んな会話をしながら料理を待ちます




私は特大エビフライ 美味しかった~~
サイドメニューに アジのなめろう これもおいしかった==
ビール飲みたいのを ぐっぐっっと我慢してお茶で・・・




食後は、大山千枚棚田へ



なんか癒されますね



昔はこんな景色どこでもあったろうに~~
でも今は保存されてなんとか残ってる
いろいろ大変ですね。

ここで作られてる米は酒米で、清酒作りに使われて、なかなかの名酒のようです。



後半につづく~~
2009/06/09

房総いいとこどりツー 魚料理と枇杷の里 6/13



6月13日土曜日 房総方面でツーリング
今千葉では枇杷がおいしい時期になりましたので一緒に遊びに行きませんか?

房総いいとこどりツー 魚料理と枇杷の里


久留里で名水でのどを潤して、養老渓谷へ、安房小港で魚料理ランチ
大山棚田を見てから、道の駅とみうら「枇杷クラブ」で枇杷ソフト食べましょう
富津岬で三浦半島や遠くの富士山を望んで
木更津金田IC~海ほたるへ
余裕があればオプションに「大津の里」「ローズマリー公園」です

峠道あり、海沿いルートありの楽しいコースです。
(渋滞してたらごめんね)

第一集合場所
錦糸町 錦糸公園とOLINASの間に 8:00

第二集合場所
京葉道幕張SA(湾岸幕張SAではありません)8:30

第三集合場所
木更津東IC近く 410号湯名交差点のセブンイレブン9:30

降水確率40%以上の時は中止にします。

私自身、バイクはまだまだ初心者ですので、走りがものたりないかもしれません
が、初心者の方から、ベテランの方まで、参加お待ちしてます。
楽しく一緒に走りましょう。

参加できそうな人は、コメント欄にカキコして下さい。
2009/06/09

草津白根山と万座温泉2

白根山を後にして万座温泉に向かいました。



万座亭さんで、ランチにしました。

食事のみの利用も受け付けてくれます。

私は「みそラーメン」でしたが、味はいまいち・・・

奥さんは「ざるそば」だったんですが、「コシ風味ともに満足」だそうで、選択ミスしたなぁ~




お風呂はネットで調べた日進館さんです。

日帰り入浴1000円でタオルが付いてきます。

「じゃぁ1時間後に」と男女に別れて温泉へ

源泉かけ流しです。硫黄のにおいがして、白濁した温泉でとてもよくあたたまります。

怪我したひざに一応防水テープ貼ってますが「傷にもいいかなぁ~」とじゃぶんといっちゃいました。

久しぶりに手足をいっぱいに伸ばして入る風呂は気持ちいいです。

外からもよく見えてしまう露天風呂は、解放感があっていいですよ~~


で、風呂上りに患部を一応チェック!

あら~~かさぶたが取れたけど・・・赤むけ・・・まだ早かった・・・ヒリヒリする~~




帰りのルートは軽井沢経由にして、碓氷峠越え。

「まだ、くねくね続くの~~ 気持ち悪~~」という家族を励ましつつ・・・

目的地はここ、おぎのやさんの 横川駅 峠の釜めし

デパートの駅弁大会とかでもよく出てて有名ですよね~

この先帰りの関越で渋滞にはまって、すりぬけてくバイクを何台も見送りながら「いいなぁ~~」

家に着くのが夜の9時頃になってしまいました。



家について、やっと遅めの晩ご飯です。




この釜は実際に使えるもので、「米1合が炊けます」と包みに書いてありました。

久しぶりに食べた横川の峠の釜めしは相変わらず美味しかった。



渋滞はつらかったけど、満足の一日でした。
2009/06/08

草津白根山と万座温泉1

6月7日 町会子供会の相撲大会

で、会場が私のうちのお向かいさんの相撲部屋で・・・

車庫を使いたいから、車を一日退避させて欲しいと言われて


それじゃぁと、蜂の巣をつついたような、賑やかな騒々しさから 逃げ出すことに・・・


奥さんと母と次男と私の4人で、日帰りお出かけに行きました。



おふくろが「硫黄の匂いのする濁った温泉にはいりたいなぁ~」とよく言ってるので

奥さんが「万座温泉がいいんじゃなぁ~い」って

「じゃぁ草津白根山の湯釜をついでに観よう」

と話はトントン拍子で、決まり!



ここまで3時間半位で来れました。

ロープーウェイ一人往復1500円。
ちょっともったいないけど、4人で乗りました。




麓の駅の気温が15度で頂上は12度でした。
ゴンドラに乗ってると、硫黄のにおいがけっこうしてきます。




頂上駅から、無料シャトルバスでレストハウスに行きます

レストハウスについたら広~~い一般車両用の駐車場が・・・
え~~ここまで車で来れるんじゃん!

ロープーウェイの計6000円もったいなかったなぁ~~



ここもカルデラ湖なのかな?湯釜が楽しみです。



レストハウスの駐車場から、約20分の行程です。
沢山の人が見に来てます。



石畳になってて歩きやすいです。

中には「いや~~ん。ころびそう~~」って、彼氏に抱きついてるハイヒールの女性が

私「あれは、計算まこちゃん?」

奥さん「計算だね~」

なんてどうでもいい会話をしたり「太ったからきつい、登りはしんどい」というおふくろを励ましながら登ってゆきます。




途中の見晴らしは中々いいです。

さすがに標高2000m超えの景色です。




なんと桜が咲いていました。

風が強いんですね。木の形が物語ってます。



これが湯釜です。
ターコイズブルーの幻想的な世界です



荒涼としてますね。
このPH1という超強酸性の何でも溶かしてしまう、生き物を寄せ付けない火口湖は別世界のようです。

登ってきた人は一様に「わ~~ 何あの色は・・・」と歓声をあげてました



登り口付近にはシェルターがありました。

おふくろが、「雷は怖いからね~、よくゴルフ場にあるね~」と唐変朴なことを言うので・・・

「も~~、ここどこだと思ってんの・・・これは、雷用じゃぁないよ、もしも噴火したとき用」



もちろん、下りもロープーウェイで・・・

「たかい たか~~い」とおふくろと奥さんが言ってたので、まぁ元はとれたかな~



この後、万座温泉に・・・
2009/06/04

車がパンク


今朝、仕事で車で出かけようとしたら・・・パンク

え~~~

ペシャンコのタイヤのまま近所のスタンドへ

まだ5000kmくらいしか走ってなくて、山もしっかりあるのに・・・

脇をやられてて、修理不能、要交換

原因も不明


まぁ走行中じゃぁないだけよかったかなぁ~と



それにしても、最近のスペアタイヤってホントに一時しのぎ用で貧弱ですね。

昔は、同じのが入ってて、5本でローテーションして持たせてたけどね。

2009/06/02

シェルパの出番は

他の方のブログを拝見してて、250ccオフロードバイクと大型バイク所有してる人って結構いらっしゃるようですね。
で、使用頻度は250ccの方が多いって人が多いみたいに思います。
やっぱお手軽なんですね。

さて、昨日平日だってのにトンガラシ君ひっぱりだしたのは・・・
(もちろん仕事が終わった夕方からですが)

ケガが治ったらやりたかったことの一つ

孫とお風呂(^O^)/

娘夫婦の住むマンションの近くに自転車が数台路駐してるところがあるんで、そこにトンガラシ君もすべりこませます。

倒れてる自転車とかもあって、傷つけられても文句は言えない場所です。

ちょっとピカピカのER6fでは、ビクビクしないといけないんで、ここはタフなトンガラシ君の出番なんです。

都内はバイクに対しての駐車規制が厳しくなりましたから、ひょいと置ける軽量な250ccはやはり便利です


じいじ来たよ~~ って娘の家の玄関開けると・・・

きょとんとした孫がいました。

まだちゃんと誰かを認識するのにタイムラグがかかります。

私が靴を脱いであがってゆく頃には、誰だか解ったようで「あっぎっぎ~~」とかいいながら寄ってきてくれました。

1歳1カ月の孫は まだ会話ができず「じいじ」と呼んではくれません。

まあ「ママ」も言えない子が「じいじ」は無理に決まってますが・・・

「ぐぎぎぎぎぃ」「あ~~~」とかほとんど意味不明

早くしゃべらないかなぁ~~


積み木を何段か積んであげると、倒すのが面白いらしく「ぎゃははは」と笑いながら倒しにやってきます。

私が積んで 孫が倒す これを何回繰り返したかなぁ~~

その後もゴムボールころがしたりしてしばらく遊んでると


「お風呂沸いたわよ~」

私が脱衣所の方に行くと、孫が着いてきます。(うれしい!)

「ママに脱がしてもらっておいで」といってママに渡します

お風呂では「アヒル隊長」が待ってます。

孫はこの「アヒル隊長」の「水かき」にかじり付くのが大好きです。

湯船で指を折りながら数を数えると、孫も一緒に指を動かそうとします。

この前までなかった反応に、成長が感じられうれしいです。


ケガ治ってきて良かったぁ~~~
2009/06/01

やっぱエンジン始動が・・・

トンガラシ君(スーパーシェルパ)は、もともとなかなか起きない子なんで、心配してましたが、やっぱ!



私がケガしたせいで、約1ヶ月動かしてません。

当然 すんなりエンジンがかかる 何てことはないだろうと思ってますが・・・



キーON で コックをPRI で バイクを30秒位ゆすります

ガソリン キャブに回れ~~ と祈りながら



ここからは、某誌に書かれてた「エンジンにやさしい指導方法」です

キルスイッチOFFにして セルを何回か回します


当然エンジンはかかりませんが、この儀式によって、エンジンにオイルやガソリンが回り、いいそうです。


で。。。このときなんですが・・・いつもと音が違うんです

いつもはもう少し重たい音がするのに・・・なんか軽い・・・空回りしてるような音です



こりゃダメかなぁ~と思いながらも・・・一応1回目のチャレンジ

キルスイッチをON チョークを引いて セルをしばらく回します



やっぱ軽い感じの音で、かかる感じがしません。


プラグかぶりとバッテリー上がりが心配なんで、一休みします。


またバイクをゆすることから始めて・・・と一連の儀式を進めます。


さぁ2回目! キルスイッチON チョークを引いて セルを回します

やはり、軽い感じの空回りのような音です。

すこしアクセルをあおってみると、ちょっとだけアタリを感じました。


しばし休憩・・・


3回目の儀式を始めます。

さぁ、今度は来いよ!エンジンちゃん!

ぶぶぶっと、さっきよりはもう少ししっかりとした当たりがきましたが始動までは至らず・・・

よし!これなら!と儀式は抜きで再度セルを回すと


Burururu  プスン

Burururu~~~  プスン

Bururururu~~~   


やっとお目覚めです。


ふう~~~ これは私のため息


いつもの事ですが、目覚めても寝起きは機嫌が悪いんだよねこの子。

ちゃんと目が覚めてから(暖気をしてから)じゃないと、すぐに布団に戻りたがります(エンストします)。



でも一度ちゃんと目覚めると、トルクがあって粘り強く高回転まで元気なエンジンです。



こんな一癖あるトンガラシ君ですが、私はそこがまた気に入ってます。

手がかかる子は、カワイイってやつですね。



ちょっとしたコツが必要な道具や機械って最近減ってきてますよね。

私が子どもの時分は、たたけば動くって機械がいっぱいあった気がします。