2008/11/26

高尾山ってミシュランに載ったんだね


いやぁ~ すごい人人
山に来たってすがすがしい気持がぜんぜんないよ~~

自分ばかりバイクであちこち出かけているので、奥さんに「どっかいこうよ」というと
「バイクは寒いからイヤ」って言われて電車で行けそうなところって思ったのが「あさはか」でしたね

京王線でいっったんだけど、電車結構混んでるなぁ~と思ってたら、高尾駅でどど~~っとまた混んで
高尾山口まで車中はラッシュアワー状態!

人ごみの行軍の中、ケーブルカーは長蛇の列。
下から歩く人は少しは少ないだろうと、楽な6号路を行きました。

でも山道も渋滞渋滞で進みません、あと山頂まで1km位のところまで来たら、10分近く動かない状態で、もう諦めようと思ってた時に、上から下りてきた人が「まだここから2時間かかるよ~~」って

「げっ、こりゃだめだな。降りようか」
「そうだね、ちょっと残念だけど」
「このぶんじゃ山頂もイモ洗い状態で、夏場の市民プール並にレジャーシート広げる場所もないだろうね」
「上が一杯でどうにもなんないのかなぁ~」

ということで、途中から下山の勇気ある撤退!

奥さんが先にいって、あとに続こうとすると…

Excuse me. What's the matter? Is any problem?

と初老の外人さん夫婦に話かけられました。
さっきの降りてくる人の言葉に反応して、相談して降り出した私たちの行動を見ていたようです

えっ!英語 とたんに緊張が走ります。こんなシチュエイションでの英会話は想定外で、英語をしゃべること自体ウン10年ぶり。でも知らんぷりはしづらいので・・・しどろもどろになりながら

Someone says it takes 2hours from here to the top of this mountain.
Maybe top of this mountain is too much crowded.
So we quit to climb.

と、なんとか言葉を絞り出しました。

次の質問しないでね~~もう無理だからって思ってると。

Thank you! と無罪放免

長居は無用と妻の元へ向かいました。

やっぱミシュラン効果ですね。そう思ってみると外国からのお客さんを結構見かけました。

「なんだか山に人見に行っただけで疲れたね」

「英会話までするとは思わなかったよ」

「えっ、なにそれ。すぐ後ろにいると思ったら、いないし、なかなか来ないから気にしてたんだけど」
(会話の件を説明)
「そんなことしてたんだ。久し振りなのによくしゃべれたね。」

「はい、思ったより言葉が出てきてくれて何とかなったけど、疲れました、まっすぐ家にかえろう」

もう紅葉の時期に高尾山へ行くことは二度とないでしょう。

2008/11/25

やっぱ林道っていいね

連休前の土曜日に日原街道の林道に行ってきました

前にblogにも書きましたが
日原林道は以前行った時に途中で通行止めになっていて、そこから歩きで先に進んだんですが、戻って来たら出口まであと500m位のところが土砂崩れになってたところです。
あのあとどうなったかが、気になってやって気ましたが、通行止めにはなってなくて、すっかり綺麗になってて、どこが崩れたところかよく分かりませんでした。
そのまましばらく行くと、工事中でそれから先には進めなかったので、ここは諦めてUターンしました。



孫惣谷林道への入り口の橋の上からの写真です。
この林道へは通行止めゲートがあってバイクでは入れません
この橋の脇から川へ降りてるところがあったので、ここでランチにしました。





下から見上げると光あふれるまぶしさでいっぱいでした。







川の水を汲んで、ガソリンストーブで湯を沸かして、カップめんとおむすびを食べて、食後はドリップコーヒーです

やっぱ水が違う・空気が違う・景色が違う

そして聞こえてくるのは、川のせせらぎと鳥のさえずり

しばらく時間が過ぎるのも忘れて、自然の中に身をおいていました。



倉沢林道です。
落ち葉がすごくて、怖いです。もちろん下はアスファルトではなくダートなので、葉っぱの下にどんな石が隠れてるかわからないんです。
ここは砂利ではなく結構大き目の石もあるので、何度か「おっとっと」です。



道路上を水が流れててぬかるんでる所もおおくて、路肩からくずれそう。
その上木が茂ってて昼でも暗い場所などドキドキをいっぱい感じさせてくれます。
(こんな道行きたがるのは、「ものずき」ですかね)





行き止まりの魚止橋付近です。
距離はさほどありませんが、わくわくさせてくれる林道です

やっぱ林道いいわぁ~ また行こお~~っと!
2008/11/20

あなたは正直者ですか?


金と銀のセットものを見つけると、どうしてもニコニコしながら言いたくなるセリフがあります。

このときの場合。

「あなたが逃がしてしまったのは、この金の豚ですか、それともこの銀の豚ですか」

そうです。金の斧と銀の斧のパクリです。

「豚って!何言ってんの!逃がしてないし」なんて普通の答えが帰ってきたら最高です。

「正直者のあなたは、この両方の豚を飼うことをお薦めします」
と自分のサイフの痛まないよう、若干のアレンジを加えて無理やり押し付けができます。(これが原作に近い)

「両方とも私の豚です」なんて上級者の返事が返ってきたら、あなたならどう切り返しますか
このとき、あなたのセンスが試されますよ。


場違いな感じで現れて、サービスの押し売りみたいなことをして、またさっと消えてしまう。

いろいろな漫画や、ドラマ、果てはゲームの中でもよく登場しますよね。
みんな好きなのかなぁ~ あの唐突さ この場面はなぜ必要なの?と思わせる場違い感
本編にはまったく関係ないのにシーンとして挿入されることが多いよね。

このシーンがあると「あんたも好きねぇ~」ってニヤッとしてしまうのは、自分だけかなぁ~ 

2008/11/14

11/9 ツーリングつづき


松姫峠を思い思いに走ってから、待望の小菅の湯に11:30頃に着きました。

下はジーパン1枚だったハーレーさんは、湯に入るや
「いたい きもちいい~~ 少しずつ解凍されてゆくみたい」
露天風呂はちょっと温度も高めで冷え切った体には最高です。
高アルカリのお湯が肌をつるつるにしながら、体の芯まで温めてくれます。

温まったところで、小菅の湯の中にある食事処で昼食。
岩魚のさしみ定食・岩魚のユッケ丼・岩魚の立田揚げ定食など、みんなで舌鼓をうちました。

少し休憩してから、駐車場の物産センターのところで、今回もヤマメの塩焼きを私は食べました。
今のヤマメは脂が乗ってておいしいです。竹串を伝ってきた油で手がべとべとでした。

疲れも癒えてお腹も一杯で再出発!、まずは今川峠を越えて丹波村に向かいます。
で、ここでガス補給をって予定だったんですが、予定のGSが閉まってて・・・え~~~
モトグッチさんはこの時点でガソリン警告灯が点灯。

みなさんに了解してもらって、奥多摩周遊道路はやめて、青梅街道を東に向かうことにしました
どう考えても周遊道路の方にはGSなさそうでしたから…

奥多摩を抜けたあたりで、GS発見して無事給油
でも観光地価格ですね 145円/リットル でした。

ここらあたりで霧雨が降ったり止んだりなのと、「久しぶりのバイクで結構疲れが~~」という方もいて奥多摩周遊道路への挑戦はここであきらめて帰路につくことにしました。
ホーネットさんは、真っ先にバイクUターンさせてゆく気まんまんだったようでしたが…

古里の7-11で少し休憩して吉野街道へ、御岳山の入口の辺りから少しずつ混んできました。
渋滞はバイクはいやですよね。
クラッチが重かったりしたら、左手首握力無くなってきて腱鞘炎になりそう。
車がクリープでずるずる動くスピードが一番つらいですね。バイクは遅いとふらつくんです。

ってことで、集団で渋滞にはまるよりは、スキルのある人は自己責任ですり抜けなどして走れるようにここで流れ解散!

こうして今回のツーは終了しました。
仲間がいて走るのも楽しいですね。

2008/11/11

11/9 ツーリング


待望のツーリングにいってきました。

前日友人から東京ドームに誘われて・・・そのまま明日の勝利を願い当日の憂さ晴らしで飲みに行ったのが間違いで・・・朝目覚めたのが出発しようと思ってた時間の10分前で、いきなりあせりました。

お酒が入って調子に乗ると歯止めが利かない性格をあらためて反省

集合時間7:00に10分ほど遅れて到着!(参加してくださった皆さんお待たせしてすみませんでした)

ツーリングは先日2台でってのは経験ありましたが、数台でってのは、(といっても6台ですが)初めてで、しかも言いだしっぺなんでトップきらなきゃいけないし・・・

みんな上手な人たちだろうに、自分が先頭で申し訳ないなぁ~と思いながら道の駅滝山を7:30スタートしました。

陣場街道から和田峠を抜けて、一旦R20にでます、そこから旧甲州街道で犬目宿の萱葺き屋根の集落を見にゆく予定だったんですが・・・

なぜかまた和田峠に向かってます。
ぐるっと回ってニャンコの目をやってしまいました。

カーナビにとっては当然なんでしょうが、普通に目的地をセットすると、峠道を避けてR20を指示してきます。それを経由地に峠の路を選んでそちらを通るようにしたんですが、なぜかそれがアダとなったようで・・・
そうそう秋葉にいるメイドさんが山道を歩いているのをびっくり!
きっとあれは狐で、狐に化かされたのかもしれません!

気をとりなおして、他の方々にすみませ~~~んとお願いしてUターン
さっきも通った道をまた進みます。

犬目宿は「集落」と地図にはありましたが、道路から見える範囲では1軒のみ、知らなかったら通り過ぎてしまいそうなところです。

寒さもあって、次の休憩予定の大月セブンイレブンへ急ぎます。

ハーレーのかたが、下がジーパン1枚のみの為、凍りついてます。
コンビニでは、みんなトイレトイレ。
私はあったかいお茶と肉まん食べて復活です。

写真は次に休憩した深代ダムです
ここから小菅の湯までは一本道で、松姫峠越えですので、この区間をフリー走行に…

速そうな方から次々とスタートしてもらいます。

私は当然後ろの方からのスタートです。もちろんのように前を行くメンバーは直ぐに視界から消えました。

2008/11/04

11月9日ツーの下見

来週のツーの下見に行ってきました。


6:03分自宅を出発しました。
道の駅八王子滝山には予定の7:00より少し早く着きました。





深城ダムです。10時頃です。
滝山からここまでのルート、予定ではR20でしたが、ちょっと地図をみてて横道に入りたくなったので、
陣馬街道と旧甲州街道R30を抜けて猿橋へ
このルートにして正解でした。心地いいワインディングと素晴らしい景色が迎えてくれました。
和田峠は急な道で幅員も狭くて車とすれ違うのにも止まってやり過ごこともありました。
急坂でカーブの途中からの坂道発進は、結構緊張しました。
トンガラシ君軽いバイクで助かりました。





松姫峠付近です。



10時40分 小菅の湯に到着。
早速風呂に・・・強アルカリのお湯は肌がすべすべになって、気持ちいいです。
露天風呂からの景色もよくて、風呂の種類もいろいろあって楽しいです。
1時間ぐらい長湯をしました。



風呂の次は食事です。
岩魚の刺身定食を注文しました。
岩魚の刺身は初めて食べました。これがなかなか美味しかった。
川魚のくさみがあるのかなぁ~っと心配しましたが、そんな心配は無駄でした。
食後は休憩室にいってしばらく横になりました。



バイクを置いた駐車場に物産センターがあって、そこでおばあちゃんが定番「やまめの塩焼」を焼いてました。



もちろん、いただきました。ビールの見たかったなぁ~。もちろん水で我慢しましたよ。

小菅の湯を13時に出発しました。2時間20分ここにいた計算です。
このくらいのんびりすると、かなりリフレッシュします。

時間的にまだ余裕があったので、丹波山の方に回ってから奥多摩方面へ行くことにしました。

このルートにある今川峠は頂上のところがとても面白いです。
急な上りで、空が見えるだけでその先の下り道が見えません。
頂上まで来るとやっと先の道が見えます、これが急な下り坂です。
そのため頂上では、ジャンプ台のようで体が浮きますよ。ゾクッと感じてみましょう。



奥多摩周遊道路の駐車場からです。
来週は、紅葉ももっと色づいて素晴らしいでしょう。
こんな景色を見ながら9日はコーヒーを沸かして飲もうかなぁ~

ここでは、お約束のパターン:SSバイクが凄いスピードでコーナーをかわして行く:のにも出会いました。

このあと桧原街道を抜けて、八王子の道の駅滝山には3時30分頃に着きました。


11月9日の参加者予定者も、ここまでで5人になりました。楽しいツーになりそうです。
2008/11/03

健康診断のおかげ

トンガラシ君(スーパーシェルパ) 今週は帰ってこれないと思ってたら、土曜日にバイク屋さんから「終わりました」の連絡が・・・

喜んで早速引き取りに行って、日曜日テスト走行、そして今日もいっぱいテスト走行。
2日で400km位は走ったかな~~

うれしかったのは、燃費が改善したことです。
リッター25~27位だったのが、平均32kmまで伸びました。

エアフィルターがどろどろぼろぼろだったのが、一番の問題だったみたい。
なんだか吹け上がりも良くなった気がします。

来週のツー 自分を含んで4人になりました。楽しみだなぁ~