2008/09/29

寒いときゃぁ、温泉がいいね。



9/28 前日の草野球の後の飲み会で少々飲み過ぎ。
筋肉痛もあって寝坊した上、起きてからもしばらくウダウダとしてたけど・・・

時間が経つにつれて、うずうずしてきました。
うん!やっぱバイクでどっか出かけよう~~っと!

Tシャツの上に皮ジャンはおって出掛けました。
「ん・・・ちょっと寒いぞ」
でも首都高乗っちゃったしぃこのまま行っちゃお!
「さみ~~・さみ~~」とかいいながら中央道石川SA到着。

時間も昼近くでおなかも減ってたので、玉子そばで暖まってっと。
食後のコーヒーを!って買ったら。冷たいのを買ってしまいました(-_-)

これは、おみやにしよう!暖かいのを買いなおします。

汗かいたとき用に持ってた予備Tシャツを重ね着して少しだけ防寒対策!
雨が降ってないのにカッパを着るのは、最終手段にとっておいときました。(カッコ悪いもん)

今日は林道遊びはやらないで、ワインディングを楽しもうかと檜原街道~奥多摩周遊道路を目指しました。
でも進むに連れて気温がどんどん下がってきて、がちがちブルブル。
景色もいいし道もくねくねですが楽しめません。

奥多摩周遊道路に出る少し手前の檜原温泉センター数馬の湯に飛び込みました。

冷え切った体に温泉は最高!

ここの温泉は単純温泉で弱アルカリですので、入ると体がツルツルになります。
超音波バスで腰やひらめ筋をほぐしてから、ジャグジーへ。次にサウナに水風呂。
露天風呂は薬湯になってました。
一つ一つのお風呂は小ぶりですけど、どばぁ~~と出る打たせ湯とか、色んなお風呂がまぁまぁ楽しめて800円はいいです。

しっかりくつろいで、元気もりもりで出発!

前を行く超遅い車もいなくて、後ろからつっつかれることもなく今度は楽しく走れました。
めずらしいよね、大概そのどっちかに遭遇するんだけどね。

でも、奥多摩周遊道路での気温計は10度!「ぎょえ~~寒いわけだ!」
小河内ダムの近くのパーキングに着いたときは、またすっかり体が冷え切ってしまいました。

パーキングには、シートのうしろがミョーにしゃちほこの用におったってるバイクの集団がいました。
売店に行きたくて彼らの近くを通りましたが、特別な印象はあまり感じませんでしたが、あまりかかわらないように刺激しないように通り過ぎました。

そして、今度は間違いなく温かい缶コーヒーをGETして、飲む前に湯たんぽのように手や頬などを暖めました。
コーヒーを飲んで体の中から今度は温まっていると、例の改造バイクの集団が活動開始です。

マフラーどうなってんの~~って爆音と大音量のエバンゲリオンを轟かせて、スタートしてゆきます。

先に出てったうちの1台が道を塞いで、仲間が揃うのを待っています。

「え~~~そっちに行くの~~~俺と一緒ジャン!また一緒にはなりたくないなぁ~~もう少し時間空けてから出発しよう」と心に決めて、トイレに行ったりしばらくPAで時間をつぶしました。

でも嫌がるとかえって寄って来るってあるんですねぇ~~~

つづく

2008/09/29

草野球

5/10にギックリ腰をやってしまって、しばらく不自由でしたが、ほぼ完治。
9/27友人に誘われて草野球に参加しました。
キャッチボールして・・・うん、大丈夫!
ちょっとだけ守備練習・・・なんとかいけそう!
バットを振ってみて・・・OK
ダッシュはちょっと8分にしとけばいいかなぁ・・・

守備は温情でDHでスタート。最初の打席はファーボールで出塁。次の打者のショートゴロでセカンドまで進みましたが、その次打者であえなくチェンジ。

2回目の打席は満塁で回ってきました。2-1からの4球目、インコースのボール気味の球をおもいっきりひっぱたくと。サードの上をライナーで抜けて行きました。
1塁ベースを回ると「まわれまわれ」と声がします。打球の方をチラッと確認すると、レフトも追いつかずに外野の奥へとボールはてんてんところがって行きます。
やばい!ここでおもいっきり走ってまたギックリやっちまったらしゃれにならない!
でもね、その時点で9点近く負けていた状況で、1点でも多く返したい場面。やっぱちょっとは無理しないと・・・
結果ランニングHRになりました!腰はなんとか大丈夫!

この次の回からは勢いで守備にもつきました。
最終回は、先頭打者として打席にたちましたが、再び4球で出塁。でもこれがきっかけで、このあと味方打線が奮起して、何とサヨナラで勝利しました。

打ち上げの酒は美味しかったぁ~。たかが草野球でも勝利はいいですね。
腰のハリもあと少しって感じなんで、練習もしようかなぁ~ってその時は思いました。(やってないけど)

2008/09/26

タンデムは楽しいな~

9月23日秋分の日

子供と同じで、タンデムが出来るようになったので、二人乗りがしたくてしょうがない私です
「ねえ、どっか行こうよ~~」

「今日は洗濯とか家の中の仕事がしたいの」

がんばって説得!
「二人乗りでさ。風切って走ると今日は気持ちいいと思うよ。天気も持ちそうだし・・・」

「主婦は大変なのよ~~休みの日も遊んでられないんだから」

変化球で説得!
「一人でバイクでいくんなら、もっと早く家出たんだけどなぁ~~。今からじゃぁ、どうしようかなぁ~。ねぇやっぱ一緒に行こうよ~~」

「一人でも行くんだ。・・・じゃぁ。つきあってあげる。で、どこいくの」

「・・・(考えてなかった)・・・調布の深大寺植物園でそば食べて、そこらへんのスパでもどう・・・」

「それもいいね。・・・海がみたいなぁ~千葉のほうでもどうかなぁ~」

「千葉はやめて、横浜方面にしようよ~~」

「じゃ。まかせる」

ってことで、またまた女房とPS250にタンデムででかけました。

海岸通りを走って、レインボーブリッジを渡りました。
結構眺めいいですよ。止めるところがないので写真取れませんでしたが。

「東京港野鳥公園行ってみようか?鳥が見れるってだけであとは別にってとこだけど」

「うん行ってみよう」




で1時間くらい散策。入場料300円×2人です。
写真は例によって備え付けの望遠鏡ののぞき穴に携帯カメラのレンズを合わせて撮りました。

「Gooo!」12時半頃腹の虫がなりました。

「どこでお昼にしようか?品川とかがこの近く。銀座でもいいし、いっそ横浜中華街ってのも1時間かからないと思うよ」

「じゃぁ中華街いってみようか」と許可が出たのでLet's Go!

「中華街でしかもちゃんとしたところで食事は初めて!」

「じゃぁ、コース料理いっちゃう?」

「坦々面がいい」

「折角きたんだから、少し贅沢でもいいよ」

「いいの、どうせ食べきれないともったいないから」

「じゃあ俺は海鮮チャーハンとショウロンポウ」

こんな会話をしながら、楽しくリーズナブル価格なランチをしました。

タンデムのときのインカムはやっぱ重要ですね。
お腹がぺこぺこ状態で食事をしたせいか、オープンカフェで飲んだエスプレッソコーヒーをものともせず、パッセンジャーに一気に睡魔が襲ってきたようです。
「車じゃないから、寝ないでね。落ちたらしゃれになんないよ~~」
「わかってる。」
といいながらも口数が少なくなってきます。
もちろん、路肩に止めてしばし休憩。
会話ができなかったら、もっと眠くなるだろうなぁ~と思いました。
2008/09/26

燃費チェック

私のトンガラシ君(スーパーシェルパ)は、いろんな人のブログ等で言われてるほど燃費が良くない気がして・・・
ツーリング30km/Lは可能かどうかのチェックをしました

普段遊びに行くときの燃費は大抵「林道」と「高速道路」がからんで25~27km/Lです

9月15日に実験。一般道のみの燃費計測一人ツーです



目的地は、正月に初日の出を見に行った北茨城の五浦岬。
水戸街道を1本道で、約170kmの工程です。



朝6時30出発! 8時頃朝食に「にんたまラーメン」をいただきました。
ちょっと記憶があいまいだけど・・・牛久のあたりだったかな・・・



いつもの携帯のカメラで、露出が足りてません。肉眼ではそれなりにいい景色だったのに・・・残念

11時30頃 五浦岬に到着です。
途中の休憩と食事の時間を除くと4時間30位ここまでにかかった計算です。
東京からはなれてからは、ほとんど渋滞も無く70~80kmで流れて順調でしたが、平均時速に換算すると37kmってところです。




岬にある公園です。



公園の中からの景色です。

で、肝心の燃費ですが、33km/Lが出ました。

目標は普段の1割UPの30kmでしたから、予想以上の好結果に満足です。
ってことは、高速道路でも80km/hの法定速度で行けば、かなり燃費向上が期待できるわけで、どこまでこらえられるかなぁ~

信号待ちでは、キルスイッチでエンジンOFFにしてましたが、混んでる時は脇すり抜けて、シグナルダッシュして普通にアクセルあけてましたので、エコドライブを心がければもっとよくなるんでしょうね。

ただ、一般道の一本道はつまらない。
景色は都会・田舎町・田んぼ・林と変化してゆくけど、退屈でおしりが痛くなるだけの気がしました。

私の場合はやっぱ高速で目的地近くまでいって、目的の所で目一杯遊ぶのが生にあってると感じました。

でも高速道路代って高いよねぇ~もう少しバイクは安くして欲しいなぁ~
2008/09/25

南房総

9月13日は、南房総の林道を走ってきました
最近天気がビミョーで、雨の中とか悪コンディションは林道は危険ですから、自重してたんですが、天気がちょっとつづいたのでいいだろうと・・・





今回最初に入ったのが竹岡線です。富津竹岡IC下りてすぐのところに基点があります。
私の林道デビューの場所なんですが、やっぱ進歩が無いというか・・・こけてこけて・・・

もうちょっと涼しい時期にくればよかった!
バイクを日なたの中で何度も起こすのは、結構重労働で、汗だくです。



●●戦隊とかの撮影場所のような荒れっぷりで、私のスキルでは遭難しないように、ケガをしないように進むのがやっとです。



林道の神様にクラッチレバーの先をささげてきました。

金谷元名林道を抜けて鋸山の道の駅で海鮮ランチを食べました。
タフな道でおなかもぺこぺこですが、折角海も近い千葉ですから、ここはおむすびとかじゃあなくて魚が食べたいですよね。
アジの刺身が美味しかったぁ~



前回入り口を発見できなかった山中林道です。
走るのに一生懸命で入り口しか写真ありません。

ワダチをきらって立ち乗りでイメージしたラインを走ろうとするんですが、ちゃんとコントロールできずにワダチに突っ込んで、トンガラシ君を何回か放り出しました。

落ち着いてから、かっこよく走るのはやめて、とにかく脱出するのに一番よさそうな方法を考えました。

結論
二足二輪でローギヤの半クラッチで、ワダチの中を進む・・・これが私の中の答えでした。



大山林道に交通安全のお地蔵さんがいましたので、お参りしました。



雷は恐いですね



トンガラシ君は元気です



標高はさほどでもないですが、気持ちいい景色です。





千葉の林道はまだまだ奥が深そうです。またね
2008/09/24

タンデム解禁

普通二輪AT限定を取得してやっと1年が過ぎました。
これで晴れて タンデム解禁 です。

トンガラシ君(スーパーシェルパ)はちょっと足つきが悪いので(私が短足なだけですが)PS250の出番です。
この日に備えて、デイトナのCOOLROBOを2セット買っておきました。
これはBluetoothインカムで、バイク走行中にパッセンジャーと会話ができます。
B+COMとどっちにしようか悩んだんですが、単4電池で、しかも6時間くらい使えるのでこちらにしました。
まだタンデムは一般道しかできないので、80km/hまでしか試してませんが、問題なく使えました。

で、この日の記念すべき第1号パッセンジャーはもちろん「バイクの二人乗りは、初めてでちょっと恐いよ~~」という女房です。

出発して三つ目通り現代美術館の所で、「バイクの方とまって~」と検問にあいました。
がたいのいい白バイの婦警さん(180cm位ありそう)が、ぐるっと見回してから、他の巡査さんに「お手本にできるスタイルです。後部座席の人も長袖・手袋・長ズボン。いいですね」と言ってくれました。
「このマイクは何?」
「二人の会話用です」
「装備しっかりしてますね」といってテッシュをくれました。

検問にあって気分がいい と感じたのは、この日が産まれて初めてです。

白バイ婦警さんから褒められて、二人ともテンション↑↑で再スタートしました。

三つ目通りから湾岸道路に出て、幕張の三井アウトレットパークを目指しました。

一人で乗る時とは、やはり違いますね。
PS250は普段背もたれにしている部分がパッセンジャーのシートになるんです
この背もたれによっかかってアメリカンな姿勢で運転ができるのがとても楽なんですが
これができないと時間が長くなるとちょと腰に来ます。
あとギャップを拾った時の衝撃も大きいですね。
もちろん操作性も落ちるので、安全運転で、渋滞の中もすり抜けしないでこらえて走りました。
でも一人で走るのと違ってあれこれ会話をしながら走れるのは、 楽しい

食事と買い物を済ませて、バイクに戻ろうとしたら・・・強い雨&雷
「え~~~、インカムヘルメについたままで濡れちゃう。あれ防水じゃぁないから、これっきりでオジャンかも・・・」

と言いながらも じゃんじゃん降り で出てゆく勇気も無く・・・
「天気予報じゃ夕方まで曇りのはずなのに」と恨み節をとなえつつ100均で合羽調達して・・・

なんとか無事に家まで帰り着きました。

「初バイク二人乗りで、雨デビューはきつかったなぁ~。でも楽しかったよ。あまり恐くも無かった」
と女房の言葉にほっとしました。

インカムも2日乾かしてから使ってみたら、無事でした。 ラッキー
2008/09/24

ヤビツ峠

しばらく更新をサボってました。

9月7日にヤビツ峠に行きました。
途中の脇道を入ってゆくとこんな看板が




よくわかりません




菜の花台はこんな天気でした




菜の花台から少し南に下りてゆくと、前に発見したダートがあります
たまに私のブログを見に来てくれてる「きままな人」さんのブログにものってる場所です
高圧線の鉄塔の保守用の道のようです

残念ながら途中で崩落してますので、ここでUターンしました




崩落箇所の少し手前に分かれ道があります




幅員が狭くて、かなりの上り勾配が続いています。
これは・・・・
もっとテクニックのある人に行ってもらいましょう。
びびって引き返すことにしました。




つづけてすぐ近くの六本杉林道へゆきました
かわいそうなテディイベアがいました。
半年くらい前に来たときもこの子はここにいました。なんかかわいそう・・・




小さな沢渡りです





このヌルヌルはみただけにしておきました。
確かこの先100m位で、どのみち行き止まりって知ってましたから。



帰りにトンガラシ君も一緒に、ぬいぐるみさんの成仏を祈りました。
2008/09/04

新大橋



いつも散歩してる隅田川テラスから見た新大橋です。



隅田川で鵜が魚を捕ってました。

一時と比べるとずいぶん水がきれいになってきましたね。

隅田川は「澄んだ川」が転じて隅田川ってなったと聞いてます。

私の子どものころ(昭和30年代)はとても隅田川も汚れていて、墨のように黒く濁って隅田川だって言われることもありました。

江戸のころには「大川」って言うのが一般的だったのが、いつ「隅田川」に変わったんでしょうか。




新大橋の中央部分には、ライトアップ用のライトがあります。




高橋(たかばし)のたもとから新大橋の方へ歩いてゆくと(一の橋通り)「旧新大橋跡」があります




石碑の横には以下のように記されてます。

旧新大橋は元禄6年12月にこの地先の隅田川に架設起工52日間で完成し、長さ百間幅員三間七寸あり当時橋名は両国橋を大橋と呼んでいた


両国橋はもともとは江戸の頃「大橋」って呼ばれてたんですね。

両国橋って呼称も充分昔だと思うんですがね、律令制に元ずく昔の行政区分で「武蔵の国」と「下総の国」をまたぐ橋で「両国橋」って名がついたとされているんですから。




旧新大橋跡から少し森下駅方向にゆくと「八名川小学校」があります。
この八名川小学校の給食室の脇に昔の新大橋の橋名板が保存されています

子供の頃は「しはほたん志」が何で新大橋なのかわかりませんでしたが、「た」だと思っていた字は「於」で、この時代は右から読むってことが判ってやっと納得しました。




以下内容です

新大橋橋名板 平成18年10月27日登録
この橋名板は、明治45年(1912)に架けられた新大橋の橋名板で、現在の新大橋(昭和52年完成)に架け替えられるまで、江東区側の正面上部のアーチを飾っていたものです。
 新大橋は、隅田川に架かる三番目の橋として、元禄6年(1693)に架けられました。明治時代になり、橋の交通量が増加したため、それまでの木製の橋から鉄橋に替わり、同時に約200m上流の現在地に架けられました。
 周囲の飾りは大半がはがれ落ちてしまい、中央の「志ん於ほはし」(しんおおはし)の文字も跡が残るのみとなっています。
 写真は、昭和30年ごろの新大橋ですが、文字は「志んおおはし」となっています。おそらく戦後、橋の改修をした時に文字の部分も修復したのでしょう。
 昭和48年に新大橋の架け替えが決定し、それまでの橋が取り外されることになりました。
八名川小学校PTAを中心とした地域の人びとは、町のシンボルとして親しまれてきた橋の記念として、この橋名板を保存することを希望し、ここに残されました。
 なお、中央区側の橋の一部は、明治の面影をとどめる橋として明治村(愛知県犬山市)に移され保存されています。
平成18年11月 江東区教育委員会


私は、昔の無骨なかんじの新大橋の方が、今の橋より好きです。
新しい橋が出来た時には「前の橋の方がずっとかっこよかったのに、なんでこんな風にしたんだろう」って思ってましたが、地元でもそんな思いの人が沢山いたことがわかりました。

これは・・・明治村に行って昔の新大橋に会いたくなりました。
2008/09/02

家族旅行2

旅行二日目は、天気がそこそこなので、念願の西沢渓谷へ



西沢渓谷は
●21世紀に残したい日本の自然100選
●森林浴の森100選
●新日本観光地100選
●日本の滝100選
の4つの100選にはいってます。

約3時間半のコースです、私たち家族は約4時間位でまわれました。

●氷壁見頃    1月中旬~3月中旬
●シャクナゲ見頃 5月中旬~5月下旬
●深緑見頃    5月下旬~6月上旬
●紅葉見頃    10月中旬~11月上旬

見頃の時期はすべてはずしてしまいましたが、渓流沿いの道はマイナスイオン一杯で涼しくて気持ちよかったです。
あちこち水が沸いているので、防水でない運動靴だとちょっときついですが、わりと気楽にこれるルートです。




孫と手をつないで、オフクロはウキウキです。



水がつめたぁ~~い



水がつめたぁ~~い



よい子はまねしないでね



涼しい~~



穴があったら、入ります



七ツ釜五段の滝

この滝にくるまでもいくつか素晴らしい滝があり、カエル石とか飽きさせません

この滝から帰りルートになり、旧トロッコ道を歩きます。シャクナゲの群生しているところもあり、花の時期には素晴らしいだろうと思いました。

また何かの見頃の時期に再び訪れてみたいと思いました。

こちらはほぼ平坦な下りで、来る時と比べるととても楽です。
2008/09/01

通信簿


Blogを評価してくれるサイトがあるって情報を聞きつけて、早速チェック!

評価;一般生徒 はいいにしても、サイクリングはしてないんだけどなぁ・・・

オフロードバイクはサイクリング車レベルの扱いかなぁ~~

ゲームクリエイターは目標にしたくないなぁ~~

まぁ、マイペースでこれからも綴っていきますので、よろしくお願いします。

2008/09/01

家族旅行

8月30・31日と山梨へ旅行に家族で出掛けました。
当初初日はハイキング二日目はBBQの予定でしたが初日ビミョ~な天気なので、計画変更!
オフクロガ「現物が見てみたい」というので、まずは「矢立の杉」へ



この木は、オーラを感じます。
中が空洞になっているのにちゃんと生きているんです。



はい「チーズ」



桔梗屋「信玄餅」の工場に行きました。
賞味期限が近いものや、多少不ぞろいのものが半額で売られています。
また、この美術館の中には菓子で作ったいろいろな作品が展示されていました。



一宮のフルーツセンターです。
ここの夜景は絶景だそうです。
BBQして、フルーツセンター・熱帯植物園を見て回りました



なかは結構広いです。温泉施設や結婚式のできるホテルなど、イベント広場では「ソーラン節」で踊ってる人がいました。



今回泊まったのは、川浦温泉「山県館」です。
源泉掛け流しのお風呂はとても気持ちよかった。
料理も美味しいです。
この旅館の源泉は古く武田信玄が開発したそうな・・・
浩宮徳仁殿下もお泊りになったことがあるそうで、記念碑が立ってました。

駐車場に源泉を汲める蛇口があって、ペットボトル5本に汲んできました。
家に帰ってからこの温泉水でコーヒー入れました。
とてもまろやかなコーヒーが飲めました。


2日目は西沢渓谷に行きました。