2008/07/31

奥多摩日原林道を歩いてみました

7月27日またまた奥多摩に行きました。もっと遠くに行こうかなぁ~と思ったんですが、どうも天気が微妙な感じだったので、定番が安心!



この日は、先日通った川乗山林道の入り口もゲートが閉まっていて、倉沢林道もダメ
それじゃぁってんで日原林道へ行きました。
ところがここも2km程の所で通行止め!

「今日はこれで引き返したくない」という思いがふつふつと湧いてきて、「そうだ。歩いて行ってみよう!」

1時間ほど歩いた時に、後からバイクがやってきて通り過ぎてゆきました。
オンロード用の普通のバイクだったんで、びっくりしました。
まぁこの程度のダートなら平気なんだろうって思いましたが、彼は通行止めのゲート脇をすり抜けてきたんでしょうね。
コケロ!と念じてみましたが、あっという間に見えなくなりました。



1時間半ほどで6kmポストまで来ました。
6kmポストの少し右手にバイクの時には見落としていた案内板が山の中に見えました。
「←鍛冶小屋窪のトチノキ」
これは行ってみたいですね



5分位で着きました



結構急な登りなんで、汗いっぱいです



本日の無事 をお願いしてお参りしました



一旦林道に下りて少し戻ったところに、またしても山への入り口が呼んでいます。



つづら折れのルートで、木製の土留めに沿って登ります



ず~~~とこんな感じの登り道です
林業の人は大変だなぁ~と ひぃはぁ言って登りながら思います



30分位登ってもこんな感じです。

このとき、上からポツポツと雨が降り出しました

やばいやばい山の中で雨なんて
なんだかんだで、2時間くらい歩いて登ってきてますから、バイクのとこまで戻るのにも1時間位はかかりそうです。



大汗かいて 歩いていると清水があちこちで流れ出ています。
こうしたところを見つけては、タオルを冷やして汗を拭いたりしてリフレッシュしました。

そうこうしていると、空がゴロゴロ言い出しました。

ピカッ!と光ったと思ったら、どどーーンと落ちたようです。

空は真っ暗な所と明るい所があって、まだそれほど雨は降っていません

もう少しで、バイクのところに戻れるって時に

大変なことになってしまいました

2008/07/30

奥多摩 川乗山林道

奥多摩の日原線に入って最初にある川乗山林道。
ここはいつもゲートがしまっていて入れないんですが、この日は運よくゲートが開いていました
工事現場スタイルのおじさんがスーパーカブの脇で座っていましたが、わたしがおそるおそる入っていっても、何も言わなかったのでGoGoGo!


いつも通れなかった道が通れるってなんかとてもついてる気がします
さっき2箇所も通行止めでがっかりしたのは、もう帳消しでウキウキ



トンガラシ君も元気です



分岐があって、日向沢線の方に行くと通行止めになります
道が崩落してるのが見えました











百尋の滝って、一度見に行こう!と思う名ですね。



林道を走り終えて戻ってみるとさっき開いてたゲートが閉まってました。
え~~~そりゃあないよ~~と思ってると先ほどの工事のおじさんがやってきてゲート開けてくれました。
キャンプの車も何台かはいってきたので、安心してたけど、やっぱ開いてたのは たまたま だったんですね



御岳の釣堀によって、ヤマメをお土産に買いました。
2008/07/30

日影笹子線は10月まで通行止

笹子峠を通ってみたいと、大月からR20を勝沼方面へ
旧道にはいるところに通行止めの看板が・・・
でも、矢立の杉までは行けるって書いてあったので、とりあえずGo!





この辺は歩きにきてもいいところのようです。



矢立の杉 全体像です



ちょっと側まで入っていきました





うろになってるのに、ちゃんと生きているんです。






R20に戻って勝沼から柳沢峠を抜けて
いつも楽しんでた泉大谷横手山林道へここも11月7日まで通行止めでした

こうなったら、奥多摩の林道を目指します
2008/07/30

竜神橋

月居山で充分足は疲れたんですが・・・

竜神橋の第2駐車場に着いて見たら



この看板に惹かれてつい展望台までのトレッキングをしようってことに



誰もしばらく通ってないようで、くものスを払いながら登ってゆきます



結構急な場所もあって
「ホントにこの道?遭難しない」
「たぶん、ここは道・・・だと思う」



あと0.4kmのとこで、道らしき所が無くなりました。
ね。ここ道じゃあないですよね。
危険なんで、あきらめて戻ることにしました



「もう歩きたくない症候群」がここで発症



無事に駐車場に戻ってから、気を取り直して 普通の観光客 が行くルートで



折角着いたのに、「もう疲れちゃった~~」

ちなみに
歩行者専用のつり橋で日本で一番長いとか
しっかりしてそうですが、ユラユラしてます



下の龍神湖です






歩くんだったらこっちのハイキングコースにすればよかったのかなぁ~
先のトレッキングはちょっと厳しい~~
2008/07/30

袋田の滝

最近バタバタしてて、しばらく更新をさぼってしまいました。
遊びには、相変わらずアチコチ行ってますが・・・

7月20日はカミサンとオフクロを連れて出掛けました。

このまえ「吹割りの滝」が素晴らしかったので、味をしめたのかカミサンが「袋田の滝を見に行きたい」とのリクエストに応えてのお出かけです









さすがに名瀑と言われるだけあってなかなか素晴らしいです。
でもこの前の「吹割りの滝」には負けるかな~~



滝を見た後、周遊ハイキングコースがあります。この吊橋がスタートです



月居山を登るコースですが、最初は急な鉄の階段が九十九折になっていて、その先はづ~~~ぅっと石段です。



頂上付近の景色です。一般の観光客の人も登ってきますが、ほとんどの人が途中でリタイヤしていきます。
うちのオフクロも「もう登りたくないから、ここで待ってる」ってことで、カミサンと二人でひぃはぁ言いながらひたすら石段を登りました。



やったね!



「もう石段は見たくない・・・」帰りの言葉です
下りはやっぱり膝にきます



歩いた後は、お蕎麦とヤマメの塩焼き。
バイクの沢山止まってる店がきっと美味しいはずって感は当たりでした。
うちはクーラーが効いてて涼しいよ~という呼込みを無視して、クーラーなしの店で暑がりながらでしたが、美味しかったのでOK!

この後、竜神橋を見に行きました。
2008/07/18

ダンボールと空き缶でスモーク

家でスモークを突然やってみたくなりました


このダンボールの中でスモーク中です



完成!

スモーク用チップは買ってあったんで、ビールの500ml缶をハサミでフタと胴と底3つに切って
缶のフタは固形燃料を置く台座に、胴の部分は切れ込みを何箇所か入れて五徳、底をチップを入れるところにしました。
針金で棚とフックをつけて出来上がり
チップにグラニュー糖を2本振りかけて、固形燃料ファイヤー
後は30分程待つだけです。



できたのは、スモーク塩鮭・スモークカツオ・スモークビーフステーキ・スモーク鳥ささみ・そして定番スモークチーズです。



ウイスキーを買った時についてきたオマケグッズのミニボトル
フタがボタンになっていて、押してみると
「ウイスキ~~~が。お好きでしょ~~」と石川さゆりの歌が流れます。

ウイスキーにスモークチーズ 合うよね
こうして今宵も我が家はパーティー気分でした。


ひょうきんに色んな食材をスモークしてみて・・・みんなとても美味しい・・・But

「どれも、みんな同じ香りになっちゃって、悪いけど・・・飽きちゃった!」
妻は私と同じことを感じてたようです。

何品かの中に1・2品スモークがあると、とても美味しく感じるんですね
ほとんどがスモークばっかりだと・・・

スモークと関係ない冷奴とトマトが後半人気者~~~(-_-;)

注意:
まねする人は、くれぐれも火事にならないよう注意してくださいね。
自己責任ですよ、私は知りませんから。
2008/07/16

多摩川の源(水干)を求めて その2

山の天気は、変わりやすいっていますよね。
午後から下り坂なのは知ってましたが、笠取山の頂上でお弁当をたべてると
なんだか雲行きがあやしくなってきました


あっちの方は降ってるだろうなぁ~と早々に撤収



山は深いです。でもこの辺は日差しが当たってたりと天気もくるくる変わります



鹿!発見!
「鹿!鹿!あそこ!」
「うわぁ~ホントだ!いたんだね」
「すげ~野生だ」
慌てて、携帯のカメラを出します。
かみさんは、デジカメを取り出します
が、私が1枚シャッターを切ったところで、鹿は藪の中へそして一啼き
「写真取れた?」
「うん。でも取った時は遠くなってからだから、ちゃんと写ってるかどうか???」
「私は間に合わなくて撮れなかった・・・」

さぁ、どこに写ってるかわかりますか?
米粒位の大きさです



画像が荒いですがUPにしてやっと何とかわかるかなぁ~

「やっぱ、登りの時に見かけたのは鹿だったんだ」
「そうみたいだね、なんか見れて感動。会えてよかった」
「奈良いって鹿見ても感動しないけどね」
「あそこは見れてあたりまえだし」
「なれてて面白くないよね」
「野生のってやっぱ会えるとうれしいな~」
「熊じゃなくてよかったね」
「それは、やばいっしょ!」





途中の開けたところで小さな滝が見えました。かなり離れていますが、水音も聞こえて気持ち良いです
時折「ゴロゴロ」と山の神様が挨拶をくれましたので、
「お願いですから、あと30分待ってください」と3人でお願いして、下山してゆきます

「ねぇ、足痛くない?」
「俺、ちょっとひざが痛い」
「私は足首」
「登りは、筋肉疲労だけど、下りは関節にこたえるね」

なんてお互いにいたわりあっていると息子が
「どっか風呂に入っていかねぇ~」と提案

全会一致で温泉立ち寄り決定!

出発点の中島川口に到着15:10何とか雨には降られませんでした

お互いの健闘をたたえ合いながら、3人でハイタッチを交わしました



丹波山村の「のめこい湯」に行きました
丹波山(たばやま)です(たんば)ではありません。

ここの湯はPh9.7のアルカリ泉で、入るとぬるぬるして肌がつるつる。
疲れた足にじ~~~んと血が通ってきます

「あ”~~~~~」



のめこい湯で、折角ですから、「岩魚」(奥)と「山女(やまめ)」(手前)をいただきました。
どちらもとっても美味しく頭からまるかじり出来ました。

岩魚のほうが少しあっさりとした味で、高級な感じです
山女のほうが脂がのっていて、すこし香りもくせがありますが、わたしは山女のほうが気に入りました。

「今回の山歩きはちょっときつかったね。どうしても水干を見てみたかったから。つきあってくれてありがとう」
「結構大変だったね」
「明日大学行くのきついなぁ~~」
2008/07/15

多摩川の源(水干)を求めて その1

日曜日に妻と息子と私の3人で、多摩川の源(水干〈みずひ〉)を見に車で出掛けてきました。
中島川口から往復5時間位の山歩きです



前回バイクで来て一度「水干」に行ってみたいと思っていました。
そう思ったのがこの案内図です。
源流を訪ねる旅のスタート。10:40



800m程で「馬止」の分岐につきます



2.6kmで黒エンジュ
「ホーホケキョ」に元気付けられながら歩きます

藪の中で何かが「ガサガサ」「バキッ」と動いた音がしました

「熊には会いたくないよ~~」と3人でわざと大きな声を出したりして歩きます。

すると、50m程前方の山道を何かが横切って藪の中に消えてゆきました

「あっ 鹿だ!」「どこどこ」「もう藪の中に消えちゃった」
「はっきりとは見えなかったけど、お尻が白く見えたから、たぶん鹿だよ」
「熊じゃなくてよかったね。私も見たかったなぁ~」と妻が言えば
「俺もみそこなったぁ~」と息子も残念がります。
「へへ~~俺だけ見ちゃったもんね~~」と得意げになります。



途中で幾つか沢を越えるところがあります。
橋がかかっていましたが、降りていけそうなところもあります
真っ先に私が水のところに行き
「ひゃ~~冷てぇ~~気持ちいい~~~」と顔を洗います
つづけて息子と妻も水に触れて、みんなでリフレッシュ!
山歩きの疲れがふっとびました。



あと1kmです。ここまで2時間ほとんどが上り坂で3人とも結構ヘロヘロですが
「残り1kmだ!ファイトぉ~」「お~~~」
と声を掛け合ってまた歩き始めます



「水干に着いたぞ~~~」
家族でお互いの頑張りを褒めあいます。



石の水盤に水が溜まってます。
ちょっとよどんでます。
ちょろちょろと綺麗な水がしたたり落ちるのを想像してたので、ちょっと期待はずれ。



水盤の上にくぼみがあって、にじんだ感じで、水がしみ出てきてます。
最初の1滴をペットボトルに汲んで帰る計画は、この時点でオジャンになりました。



ここの水が138kmの旅をして色々な川に名を変えながら東京湾に行くんですね



笠取山山頂 標高1953mです
水干 標高1865m
せっかくここまで来たんだから、近くの山頂を目指さない手はないですよね。
かなり疲れてましたが、約15分ほどで来れました。
山頂は猫の額ほどの広さでしたが、ここで昼食にしました13:00

なんだか雲行きがちょっと危うくなってきたので、早々に撤収して下山です。
2008/07/09

高山不動

大名栗林道の後、正丸峠でランチにしようと走っていきましたが、ついついグリングリンとカーブの連続で前を行く車をつつきつつ、後から別のバイクに追われていたら、気がついたときには峠を越えていました。
行き当たりばったりですから、それから「さあ、どうしようかなぁ~」って感じで地図を広げて次の目的地を高山不動に決定!

無料駐車場から250m程歩くと参道です。



高山不動の「大銀杏」おおいちょう です



お祈りすると乳の出がよくなるって・・・そんなのかんけえねえ~~



お約束の長ぁ~~い階段





建物内は「撮影禁止」の立て札があったので、パネルのみでご勘弁を!

ここへ来る道は1車線の舗装路で杉林の中を抜けてくるところで、下のほうは渓流沿いでいい感じです
ただし、小枝や落ち葉が沢山あるので、行かれる際は慎重な運転を!
2008/07/07

大名栗林道

居間のエアコンが壊れてて・・・暑いよ~~

で、4月に行ってみて通行止めだった大名栗林道が走れそうなんで行ってきました


山の上は気持ち良いです。



見晴らしがいいところが続きます



ガードレールから身を乗り出して下を見ると、結構 高ぁ~い!



ツーリングマップルでは21km「景観開け路面フラット」ってかいてあるけど・・・24kmのようです。

「どこが路面フラットじゃぁ~」って石がゴロゴロのところもありました。
大き目の石を避けられずに~~(-_-;)
入りたくないワダチに誘われて~~(-_-;)
水溜りでぬかるんでるところで、後輪がズルズル~~(-_-;)

とまあ、何度か冷や汗はかきましたが、無事にコケずに通過しました。



続けて西名栗線に入りました。こちらも、開けた景色が楽しめます



森は気持ち良いですね。西名栗線は途中で通行止めでしたので、引き返しましたが、また次回期待です



名栗湖です。

このあと正丸峠を越えて、高山不動にお参りしました・・・
2008/07/07

トンガラシ君の体力測定

この週末は暑かったですね~~
土曜日に大名栗林道へ涼を求めてトンガラシ君(スーパーシェルパ)にまたがって行ってきました。

この方面に行く時は、だいたい「八王子IC」で高速降りて一般道行くんですが、
この日はちょっと遅めのスタートだったので、時間の短縮のため、外環「日の出IC」まで高速使いました。プラス900円の贅沢です。
外環道は、まだ新しくて道も綺麗。その上交通量も少ないので、ちょっとスピードを出したくなります。
ところどころにオービスが目を光らせてるようですが、横風の影響がないトンネルで「アクセル全開!」を試してみました。

ぬあわkm迄でることは確認しました。まだもう少しアクセル開けられそうでしたが、振動が強いのであきらめました。タイヤがオフロード用ではなくてノーマルだったら、かなりいけそうです。

低速でもよく粘るし、高速までそこそこいけるトンガラシ君の秘めたポテンシャルに感動!